Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

不眠症、具体的な解決策を求めるなら病院での治療!

睡眠障害を病院で診療不眠症というと「寝つきが悪い」、「眠りが浅い」などのイメージがありますが、その言葉が「睡眠障害」に変わったらどうでしょう?

なんだかとっても深刻な病気のようにも思えませんか? 実際、不眠症は睡眠障害の一つです。そして、この不眠症は症状に応じて4つに分類されています。

  1. 入眠障害(入眠に30~1時間以上かかる)
  2. 中途覚醒(朝起きる時間までに何度も目が覚める・中高年に多い)
  3. 早朝覚醒(朝早く目が覚めてしまい、再度寝ることができない)
  4. 熟眠障害(睡眠時間は足りているが、眠りが浅い)

不眠症と一言で言ってもいろいろあるんですね。ただ、原因とその解消法さえ分かれば、自分の力だけで不眠症を改善させることも難しくありません。でも中には医師の力を借りなければならない原因もあります。

では、どんな原因で不眠症は起こるのでしょうか? 身体的な原因としては、甲状腺機能亢進症や逆流性胃腸炎などの「疾患」があげられます。 精神的な原因としては以下の3つが大きな要因としてあげられます。

  1. 環境の変化
  2. ストレス
  3. カフェイン、アルコール、タバコ

身体的疾患の場合は治療に応じて主治医に相談していくしかありませんが、精神的な疾患の場合でも自分の力では改善できないことがあります。例えば環境の変化からくるストレス、それを発散させるためにアルコール量が増え、不眠に。

これが悪循環となり定着してしまうと自分一人でその鎖を断ち切るのは容易ではありません。解決策が見つからずにそのまま睡眠障害が続いてしまうと、うつ病などの病気にまで発展してしまうこともあります。ではどうすればいいのでしょうか?その答えとしては「病院」が一番有力なのです。

病院でカウンセリングを受けることにより、原因の具体的な解決方法が分かることも多くあります。(できれば、「不眠症外来」などの専門医を訪ねることをおススメします。より実際的な解決策が見つかると思いますよ。)また、生活習慣を変えたり、心の問題を解決しても症状が良くならない場合や、問題の解決に時間がかかる場合には、治療薬による治療を受けることもあります。

「睡眠薬はちょっと・・」と思っている方も多いようですが、しっかりとカウンセリングを受けることで薬を使わない治療ができることもあります。「自分一人じゃどうすればいいのか・・」という方は一度診察を受けてみてはいかがでしょうか?



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ