Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

眠れない日が続いたら?それは不眠症の症状

質の良い睡眠をもたらす薬不眠症と聞くと「寝つきが悪い」、「眠りが浅い」などの症状を思い浮かべますが、実際は「睡眠障害が長く起こっている状態のこと」を言います。そのため、人によって不眠症の症状は異なります。タイプとしては不眠症の症状を大きく4つに分類しています。

入眠障害 布団に入ってもなかなか眠理につくことができない。

不眠症の中で最も数が多い種類です。 この「寝付くことのできない時間」は大体30分から1時間以上となっています。(中には、3時間、4時間以上経たなければ眠れないという人もおられます)入眠する時間に関してはその日の体調や精神状態も大きく影響を及ぼすため、個人差が非常に大きいです。

熟眠障害 深い眠りにつくことができない

寝ることはできても、「浅い眠り」のため、睡眠による回復ができず「疲れがなかなか取れない」、「起きても体がだるい」など疲労感が残ることが多いです。また、この熟眠障害が続くとストレスに繋がることも少なくありません。

中途覚醒 寝ている間に何度も目を覚ましてしまう

夜中に一度程度なら起きることは珍しくありません。でも、二回以上目覚める場合には中途覚醒を疑ってもいいと言われています。睡眠自体が細切れになってしまい、全体の睡眠量が足りなくなったり、疲労回復に影響を及ぼすことが多いです。また、中高年に多いといわれています。

早期覚醒

予定しているよりも早く目覚めてしまい、そのまま眠れなくなってしまう。ただ、不眠の原因は一つではありません。中には複数の睡眠障害が複合して現れる人もいるため、まず、自分が一番該当する種類について考えてみてはどうでしょう。

日常生活や生活習慣、入眠前、起床時の行動なども記録を取ってみると自分のタイプがわかりやすいですよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ