Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

これが人気の秘密!公立中高一貫校の魅力

中高一貫校を目指す最近注目を集めているのが、公立中学の受験です。公立中学は義務教育になりますので、受験が必要となるのは、中学、高校の6年間の一貫教育を行う公立の中高一貫校なのです。

一般的な公立中学と状況がかなり異なります。 また、中学受験を必要とする公立中学には次の2つのタイプがあります。

「中等教育学校」=アメリカ式の一貫教育のような感じでしょうか。 中学、高校と分けて考えず、前期課程の3年間(中学校)と後期課程の3年間(高校)の計6年間でカリキュラムが組まれています。

そのため、高校にあたる後期課程での募集を行っていません。まあ、学期途中で生徒募集をかけるのはおかしいですしね。

6年間同じ仲間と学び続けることが出来るというのは大きなメリットだと思います。大きなスパンでカリキュラムを組む事が出来るのもこのタイプの特徴であると思います。

「併設校」=最近増えてきているタイプだと思います。 県立や市立の高校に、中学校が併設されているタイプです。中高一貫を取り入れ、高校に中学部を設ける形が多いと思います。 中学受験を経て入学した生徒は、そのまま内部進学が出来ます。

また、併設校の場合は高校からの募集もありますので、一貫校でありながら新しい仲間との出会いなどの刺激や環境の変化を得る事ができます。ただ、中学部から続いている人間関係やカリキュラムの違いによる学力差など、中学からの入学組と高校からの入学組とのクラス編成が難しいという問題点もあります。

でも、学校側でも高校組に特別講習をするなどして学力差の問題解決に取り組んでいます。最初の戸惑いはありますが、お互いに刺激し合える良い関係を得ることにもなりますから、それも大きな魅力の一つではないでしょうか。中高一貫の公立中学では、どちらのタイプの学校とも私立に勝るとも劣らない質の高い教育が受けられます。

その上、私立との大きな違いである学費は、義務教育である中学の過程にあたる3年間は授業料無料(!)ですし、高校の過程でも公立高校とほぼ同額の学費です。今時の言葉で言いかえると、表現は悪いですが、低価格・高品質、といったところでしょうか。 公立中学受験が人気を集めている大きな理由だと言えますね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ