Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

株の投資などを分析する証券アナリストの資格って難しいの?

難易度の高い証券アナリストの資格「わかるようでわからない証券アナリスト」、いったい何をする人なんでしょう?というか、「何を目指している人に必要な資格」なのでしょう?

「証券」とあるので「お金」には関係してそうですよね。そこでまずは「証券アナリスト」について詳しくご紹介します。

これは「金融技術を応用し、各種情報の分析と投資価値評価を行し、投資助言や投資管理サービスを提供する」仕事と定義されています。なんだが余計に分からなくなってしまったようにも思いますが、つまりは「投資関係のプロフェッショナルな人になる」ということです。では、この資格があると何に有利なんでしょうか?

  • 証券、銀行、生損保、投資顧問など「金融・投資関連業界」では必須に近い資格であり、取得することでキャリアアップへの大きなステップになる。
  • 証券アナリスト資格試験で培ったファイナンス知識を活かし、「CFA」などの国際資格にも挑戦できる。

・・などがあります。なんだか持っていないことのデメリットの方が多そうですね。

またこの証券アナリスト資格は一般的な資格とは違い、受験前に通信教育講座で知識を得ることが必須となっています。金融の仕組み、システムはそれほど複雑なんですね。 通信教育講座には第1次レベル講座と第2次レベル講座があり、第1次レベルで3科目を受講し、合格したのちに第2次レベルに進むことになります。

そして、第2次レベルは更に4科目が加わっており、受講を希望する場合、第1次レベルは6月から翌年1月までの8か月間が開講期間となります。通信教育講座受講には特に応募資格はありません。受講料は3科目一括受講の場合、54,000円、選択受講の場合は証券分析とポートフォリオ・マネジメントが33000円、財務分析が16,000円、経済が16,000円です。

科目名の意味すら私にはわかりませんが、いろいろと勉強しなければならないんですね。 そして、必ず注意してほしいのが、「第2次レベル終了年の試験を含め連続3年間受験できる」ということです。つまり受講中から試験勉強をはじめ、受験期間が終了するまでに受かることが大切なんですね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ