Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

どうすれば乗り切れる?乾燥肌の嫌なかゆみ

乾燥肌でアトピー肌乾燥肌、肌がざらつくだけでなく、かゆみにも悩まされちゃうんですよね。そうなると塗り薬を塗った方が早いんですが、市販されている塗り薬だと肌質に合わない事もあります。

私も乾燥肌のかゆみ対策に市販の塗り薬を買ったのですが効果はイマイチな上、「たっぷり使いたいから♪」と大きいサイズを買ってしまい本当に後悔しました。できるだけ早くかゆみを取るのなら、やっぱり病院で塗り薬を処方してもらうのが一番です。

「でも、病院で貰う塗り薬ってステロイドが入ってるんじゃあ・・?」と不安に思われる方もおられると思います。実際、ステロイド剤配合の塗り薬を貰う事もありますが、かゆみがそこまでひどくなければ、レスタミンやオイラックスと言った非ステロイド剤をまず処方されます。

それでも「かゆみが引かない」時や「肌荒れが改善されない」時には、ステロイド剤配合のゲンタシンやベクラシンなどが処方されます。また、病院によっては漢方系の薬を処方する事もあります。 さて、皮膚科に行く時間が取れる方はいいのですが、忙しいOLさんや育児中のママさんなどは、病院に行く時間を作るのも大変です。

また、そういった事情の人達が集中する時間帯にしか病院に行けないので待たされる時間もかなり長いです。そんな時は市販されているものに頼るしか方法がありませんよね。 薬局などでは乾燥肌専用の保湿クリームなどがあり、これにかゆみ止めも配合されています。

また、最近では通販サイトなどでも全身に使える基礎化粧品が出始めています。顔だけでなく全身に塗れる化粧水、保湿乳液、お風呂あがり用の保湿オイル・・。市販されているモノよりは通販サイトの商品の方がちょっと割高ではありますが、なかなか効果は高いです。

特に冬になると乾燥肌向けの保湿クリームなどが多岐にわたって販売されるようになりますが、一つ注意点がありますので覚えておいて下さいね。よく見かける尿素が配合されている保湿クリーム。

この尿素は肌を潤わせる働きを持っているのですが、肌にかゆみが伴っている場合、尿素がかえって悪影響を与えてしまう事があります。また、かゆみがある時だけでなく、目の周りなど肌の薄い場所には、尿素配合のクリームは避けるようにして下さい。

「皮膚科に行く時間がないから・・と、市販のクリームを買い、結局肌が悪化して皮膚科に行く羽目になってしまった・・」では割に合わないですよね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ