Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

無理せず続けるスローペースのジョギングが体にいい

ジョギングをする習慣ウォーキングに並ぶ有酸素運動として代表的なものにジョギングがあります。「え、、走るの苦手・・」という方にはウォーキングがおススメですが・・。というのもジョギングはウォーキングに比べると体力を消耗し易いです。

つまり運動量が多いんですね。でも、効率良くダイエットしたい方にはジョギングの方が消費カロリーも高いのでより適しているんですよ。

ですから、久しぶりに運動を始める、または運動が苦手という方、運動に慣れていない人はウォーキングから、ダイエット効果を高めたいという方はジョギングから始めたほうがいいですね。でも、ウォ―キングとジョギング、それ程消費カロリーが違っているのでしょうか。

ウォーキングもジョギングも全身を使って行う有酸素運動という点では同じなのですが、走っている分やはりジョギングの方が消費カロリーが高く、ウォーキングに比べるとジョギングの方が2倍のカロリーを消費すると言われています。

何だかこんなことを聞くとジョギングを始めたくなってしまいますが、運動量が多い=体の負担も大きいという事を忘れないで下さいね。また、早歩きをするウォーキングに比べ、ジョギングはペースをキープするのがナカナカ難しいです。

歩き方ひとつで体が変わる「ついつい早く走ってしまい、息が切れてペースダウンして・・」・・これを繰り返しているとかなり疲れてしまいますよ。自分のペースを守って走り続けるようにして下さいね。

さて、ウォーキングでもジョギングでも走る前には必ずストレッチを行って下さい。特にジョギングは全身の筋肉をかなり使いますから、しっかりとストレッチをして、体の筋肉や筋を伸ばし、十分に体を温めるウォーミングアップを行うことが大切です。

そして意外と忘れがちですが、ジョギングの場合、きちんとしたランニングシューズを用意するようにして下さい。ウォーキングはそれほど足に負担は掛りませんが、ジョギングの場合、体が上下に動きますから膝、足首、股関節、腰など垂直にかかる負荷が高くなるんですね。

ある程度クッション性のあるジョギングシューズで体の衝撃を和らげるようにする方が、体にとっては負担が少なくて済みますよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ