Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

うわべだけの意欲はすぐに見抜かれる中学受験の面接対策

中学入試での面接の質問小学校の面接はいわゆる「お受験」の正念場ともいえますよね。でも、中学受験の面接試験は、小学校受験と比べるとそれ重きを置いている訳ではないようです。でも、学校側の視点に立ってみると、面接試験は入学希望の子どもに直接触れ合えるチャンスです。

入学後は長い時間をその学校で過ごすのです。学校側としては、学校の校風にあっている生徒か家庭かということを面接試験で判断するのですね。

希望者が志望校を選び、また、学校側も希望者を選ぶのが受験なんですね。 中学受験の面接試験では、どのような内容に比重が置かれているのでしょうか。

自分の言葉で答える
面接攻略本などにある模範解答は、すぐに見破られてしまいますよ。沢山の版数を出している本です。沢山の受験希望者が読んでいますし、沢山の子どもがその解答を暗記しています。

小学生が使うとは思えないような言い回しもあると思います。不自然に映りますよ。簡単な言葉であっても、自分の言葉で話す事が大切です。それで気持ちは十分伝わるハズです。自分で考えて一生懸命、「相手に伝えたい」という気持ちを持って話すようにしてくださいね。

言葉づかいに気をつける
必ず「○○です」「○○ます」で答えるようにして下さい。小学校中学年になるころから、小学校では目上に人に話しかける時の態度、言葉使いを教え始めます。これは面接用としてではなく、普段からのしつけのなかで身についているようにしておいて下さいね。「え~っとォ・・」と普段の話言葉にならないように注意が必要です。

態度
面接の最中は椅子に腰かける事になります。椅子をギッタンギッタン揺らしたり、服をいじったり髪を触ったり、脚をもぞもぞ動かしたり・・。落ち着きが無い、相手の話を聞けない子ども、といった印象を与えてしまいます。姿勢良く座る習慣を付けておいてくださいね。また、決して上目づかいにならないようにして下さいね。

服装
親御さんもお子さんも、TPOを心得た清潔な印象を与える服装が好ましいと思います。スーツがほとんどとなりますが、大切な場で大切な話をする、そんな時間にふさわしい格好が良いと思います。必要以上に髪をセットしたり、お洒落する時間ではありませんよね。落ち着いた装いが一番自然だと思います。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ