Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

どんな試験?保育士資格試験の試験内容

人とのふれあいも保育士の魅力実際に保育士試験はどういった内容になっているのでしょうか。試験は筆記試験と実技試験があり、筆記試験合格者のみ実技試験が受けられるようになっています。筆記試験は8科目あり、2日に渡って実施されます。

(1)社会福祉

(2)児童福祉

(3)発達心理・精神保健

(4)小児保健

(5)小児栄養

(6)保育原理

(7)教育原理・養護原理

(8)保育実習理論

各科目とも60分の制限時間となっています。ただし、(3)の発達心理・精神保健(7)の教育原理・養護原理はそれぞれ30分ずつとなっています。また、100点満点の採点方式となっていますが、(3)と(7)については50点満点の配分になっています。では、何点以上で合格となるのでしょうか。各科目、6割以上の得点、つまり60点以上で合格となります。

(3)と(7)は両科目とも6割以上の得点がひつようになります。例えば、(3)の発達心理は70点、精神保健は50点ですと不合格となってしまいます。一度の試験で全ての科目で60点以上を取得する方もおられます。ただ、保育士試験は3年間で8科目合格となっていますので、一年ずつ合格目標を定めて受験される方もおられます。

また、合格した科目は一部免除となって、3年間はそれが有効となりますので、計画が立てやすくもありますね。次に、実技試験ですが、「音楽・絵画作成・言語」の分野から2つを選んで受験します。実技試験を受けられるのは筆記試験合格者のみですが、実技試験受験分野の申請は保育士試験の受験申請時に申し込みます。

各分野とも得点の配分は50点ですが、その6割以上で合格となります。この実技試験は一回で2分野での合格得点が取得できないと合格となりません。次年度への持ち越しができないのですね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ