Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

シリコン製品で「ちょっとお洒落な」キッチン作り

熱に強く耐久性があるシリコンのキッチン用品にはお洒落なデザインのものがたくさんあります。スチームケースで有名になったルクエはスペインの会社で、シリコン製のキッチン用品をたくさん扱っていますが、 ヨーロッパの会社らしく変わったデザインのものが多いのが特長です。

特にアイスキューブトレーなどは非常に種類が多く、 遊び心のある面白い形の氷が作れそうで、色々と集めたくなってしまいます。

氷がよくある長方形ではなく、面白い形だったら小さいお子さんなどは喜びそうですね。 友達を家に呼んだ時などにも、ちょっとした話題を提供してくれそうです。アイストレーというとプラスチック製のものが一般的ですが、プラスチックは低温下だと固くなってしまいます。

ですので、でき上がった氷をトレーから外すには水をかけて氷の表面を少し溶かしてやる必要があるのですが、 シリコン製だとトレーじたいが柔らかいため、トレーを軽くひねれば簡単に氷を取り外すことができます。

シリコンのキッチン用品は、色あざやかで見た目にも楽しいポップなものが多くあります。色展開が豊富で、原色や優しい色合いのパステルカラー、落ち着いた濃い目の色など、様々な色のものがあるので 鍋やキッチンのタイルなどのインテリアにマッチしたものを選ぶことができます。

主婦が家の中で一番長い時間を過ごすのはキッチンだというデータもあります。 毎日使う場所だからこそ、使いやすく楽しい気分になれるシリコン製品を選んでみるのもいいかもしれませんね。

シリコンターナーで焼き料理もラクラク

色々と便利なシリコンのキッチン用品ですが、ターナーもシリコン製のものがあります。ターナーの別名はフライ返しで、 オムレツやステーキなどを焼くときに裏返したり、焼き終わった後にお皿に移す時に使うアレのことをいいます。

ターナーの素材でよくあるのは熱に強い金属ですが、シリコンにも高い耐熱性(200℃以上)があるため、ターナーの素材として 何ら問題はありません。シリコンターナーの特長として、まず滑りにくいということが挙げられます。

大きなお好み焼きや、柔らかい半熟卵のオムレツ などは安定が悪いため、ひっくり返そうとしてもつい滑って形が崩れてしまうことがよくあります。(料理初心者の筆者だけでしょうか?) 触ってみればわかるのですが、シリコンターナーの表面は金属やナイロンと違って滑りにくくなっているため、 そんな失敗も少なくなることでしょう。

料理初心者にはとっても助かりますね。 シリコン素材は柔らかく、折り曲げても元に戻るくらいの弾力がありますが、さすがにターナーがそんなではまともに料理を ひっくり返すことはできません。シリコンターナーの芯にはしっかりとしたナイロンが入ってますので、ぐにゃぐにゃと柔らかすぎる こともなく、程よい使い心地になるよう工夫がされています。

鋭い金属のターナーと違って、テフロン加工のフライパンに傷をつけたり、 金属のフライパンと擦れてイヤな音を出すこともありませんで、使い勝手がいいといえるでしょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ