Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スッキリ整頓で料理の腕もアップ!?キッチン吊戸棚の収納術

細かい調味料などの収納キッチンの吊戸棚にもかなりの収納力がありますよね。ただ、場所によっては高すぎて届かない事もありますので、高さと収納するものの重さを考えるようにして下さい。

大体が上段と下段に分かれていますが、使用頻度に応じて分けて使用するのが効率的ですよね。上段に収納するのは、使用頻度が低いもの、軽いものにして下さい。余り使わず、危険の少ない物・・ということですね。重量があるものは、落下してきた場合怪我をする事もあります。

また、軽いものでも、グラスや皿などの割れものを収納するのは避けるようにして下さい。手が滑ってしまったりすると大変な惨事になってしまいます。そのように考えると、上段には特定の時期にしか使用しないものを中心に収納する方が良いと思います。

また、キッチンに収納するもののうち、仕舞いきれなかったものをまとめて収納しておくのにも適していますね。でも、何でもかんでもそこに仕舞い込んでしまうのはやめてくださいね。ボックス型の収納ケースなどを使用し、分かりやすく仕分けメモを付けると分かりやすいです。

一方、下段には、使用頻度が高いものを中心に収納するようにしてください。でも、上段と同様に、重いものや割れものを収納するのは避けるのが無難ですね。棚の位置は自分の目の高さよりも上にある事を忘れないで下さいね。

調味料、調理用計量器、サランラップ、アルミホイルといったものを収納するのに適していますが、ゴチャゴチャにならないように、仕切りを付けるなど工夫をして下さい。また、細かい保存用品、紅茶などの予備食品なども収納ボックスにまとめるのが、吊戸棚の収納術で失敗しない方法の一つです。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ