Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

もう、開かずの扉とは言わせない!キッチンシンク下とガス台下の収納術

鍋やフライパンをスッキリしまうお鍋やフライパン、大きな調理機などの収納はキッチンシンク下や、ガス台下に収納されている方がほとんどだと思います。

では、どんな収納術が効率よく、有効利用できているのでしょうか?この、キッチンシンク下とガス台下の特徴としては、高さと奥行きがあることなんですね。

つまり、大きなもの、重いものを収納しやすいんです。たとえば鍋、カセットコンロ、フライパン、やかんといったものから優先的に収納すると取り出し易く、スッキリとするのではないでしょうか? キッチンシンク下やガス台下には、最初から棚が取り付けてない事が多いです。

でも、キッチンシンク下やガス台下に取り付けられる収納用品や収納棚は色々と販売されていますのでそれを利用すると簡単に片付きます。ただ、棚などの収納用品を購入する際には、キッチンシンク下にある排水管にぶつからないものを選ぶようにして下さいね。

あらかじめ、サイズを測っておいた方が失敗無く使用できると思います。奥行きが広いのが特徴なのですから、使用頻度が高いものは出し入れしやすい場所に仕舞い、あまり使わない冬の鍋料理の用の鍋やカセットコンロなどは奥に入れるのが、収納術のポイントの一つです。

醤油や油などの調味料や、よく使う鍋などの調理器具は、取り出しやすく、また、安定感のある収納ボックスにまとめておくと便利ですね。また、収納用品としては伸縮棚、スライド式のラックなどがあります。特にスライド式は沢山効率的に収納出来、しかも取り出し易いので非常におススメですよ。

段数、サイズなどが違う種類が様々ありますので、キッチンシンク下やガス台下の状態を事前にしっかりと確認するようにして下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ