Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

長年の生活習慣でひざの関節が変形するO脚

O脚の方の中には、生まれつきの方とそうでない方がおられます。生まれつきO脚でなかったのであれば、どうしてそうなってしまったのでしょうか。その原因に一つに日頃の生活習慣の積み重ねがあります。

小さなころからの習慣、クセ、それらが積み重なって出来た生活習慣は、すでに体の記憶として留まっています。ですから、自分でも気付かない内にいつの間にかO脚になってしまうんですね。

そういった事情でO脚になってしまった場合、まず、その生活習慣自体を改善しなければ、ストレッチや体操をしてもなかなか効果が得られませんし、整体やエステでO脚改善を受けてもすぐに元に戻ってしまう可能性が非常に高いのです。

ですから、まずは自分の普段の生活習慣を見直すことから始めて下さいね。

(1)自分の普段の生活が、「どちらか一方に重心をかけた生活」になっていないか?

ア:かばんを持つ時の持つ手
イ:立っている時に、重心はちゃんと両脚に分散されているか
ウ:立つ時に内またになっていないか
エ:肩肘をついていないか
オ:座る時に脚をくんでいないか
カ:就寝時、片側だけを向いていないか

(2)歩き方
ア:真っ直ぐ歩けるか
イ:踵から着地、つま先からけり出しているか
ウ:猫背になっていないか

何気ない生活習慣、でも、考えだしたらきりがないぐらい「何気ない自分の癖」が出てしまいます。「前髪をかき分ける癖」、「唇を噛んでしまう癖」などはO脚とは関係のない生活習慣ですから、行き過ぎない限りは改善の必要もありません。

でも、上記のような骨盤やO脚の形に大きく影響を及ぼしてしまう癖は早く改善した方が良いと思います。長い時間をかけて体に染み付いてしまった癖はナカナカ抜けません。でも、少しづつでも「改善して行こう」と思う事が大切なんですね。まずは自分の中で一番改善し易い癖を選んでみて下さい。

そして、その癖を重点的に意識して改善して行けば、次へと続き易くなります。「O脚を早く何とかしたい!」方、まずは最初の一歩を頑張って下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ