Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

倖田來未さんのダイエット法

食事を見直すことスレンダーなスタイルと見事なダンス力で非常に高い人気を誇る「倖田來未」さん。「エロかっこいい」という新しい言葉を生みだしたことでも有名ではないでしょうか。

高い歌唱力とキレのあるダンスは倖田來未さんならではですよね。踊るために必要な筋肉は、とても機能的なので、私も動ける体になりたいと思っています。だって、踊れる体になると日常の動きも自然と美しくなるし、筋肉が付いてるから脂肪を燃焼しやすく、太らない体になれるからです。

いつもスタイル抜群のようにも見える倖田さんですがデビュー当時の彼女は、今よりもだいぶ体重があったそうです。

といっても、健康的に見える程度じゃあないの?と思ってしまいますが、実際はスターとして活躍できるようなスタイルではなかったようなんです。今の姿からは想像すらできませんよね。

体調管理

このままでは芸能界で活躍できない、芸能界で自分を活かしたい、という思いが、彼女をダイエットを決意させたようです。でも、歌やダンスの練習、取材、レコーディング・・と、超多忙な日々の中、どうやってダイエットを敢行したのでしょうか?

実はとってもシンプルな方法だったんです。それは午後6時以降は食事をしないというダイエットだったんです。つまり、朝昼夜の食事は我慢をせずにしっかり食べる、でも午後6時以降は食べないということなんですね。

とても簡単ですし、きちんと食事も出来ています。多少の我慢は必要かもしれませんが、食べたい物を食べられない・・という我慢ではないんですね。それに、この方法は非常に体のリズムにもあっているんです。

通常、人の体は朝や昼などの時間に活動が活発になり、それに合わせて代謝活動も活発になります。でも、夜になると活動量が低下しますし、体の中自体でも体の機能を休めようとする働きも起こり始めます。

でも、この体の機能を休めるタイミングに食事を摂ると、活動が低下しているためエネルギーの消費能力が落ちるんですね。結局、その消費できなかったエネルギー⇒脂肪⇒脂肪の蓄積⇒ダイエットの妨げ、という悪循環になってしまうのです。

ですから、夕方の6時以降の食事を制限している倖田來未さんのダイエット法は体のリズムにあっているので、脂肪の蓄積を予防出来る効果があるのです。

簡単ダイエット

活動が活発な朝や昼の食事=しっかり食べる⇒食べた分を消費しやすい。機能が低下する夕食=消費できるだけの食事⇒次の日に脂肪を残さない。

しっかりと食べる、食べる時間を体のリズムに合わせる、これは簡単に取り組めるダイエット法かもしれません。でも、夕方以降、どうしても食べたい時もありますよね。

そんな時、倖田來未さんは、どうしても食べたい時は噛みごたえのある「するめ」をしゃぶるようにしていたそうですよ。ちなみに私は「おしゃぶり昆布」を噛んで、水を沢山飲むようにしていました。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ