Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

睡眠不足はかえって体重を増やす!?睡眠が食欲に及ぼす影響

睡眠不足はダイエットの大敵睡眠不足は体のあらゆるリズムを崩し、健康状態に影響を与えます。これは食欲についても同じで、睡眠不足になると食欲が抑えることができなくなると言われています。これには様々な要素が関係していますが、一番大きな要因はレプチンと呼ばれる物質が減少するためです。

脳に満腹中枢があることは知られていますが、この満腹中枢が「満腹感」を感じるために必要なのがレプチンです。つまりレプチンが減少すると満腹感を感じないため、食欲を抑えることができずにどんどん食べてしまうのです。

また睡眠不足に陥る時、人は仕事や勉強など何かに夢中になっています。この状態が脳を興奮させ、摂食中枢を刺激させることから、食欲増進に繋がるというわけです。

食欲増進を招く物質はグレリンと呼ばれていますが、睡眠不足になるとこのグレリンがたくさん作られるようになります。睡眠不足はホルモンの分泌量にも影響を与えますが、これも食欲増進を招く理由の1つです。

セロトニンというホルモンは、心のバランスを整え、食欲を抑える上で大きな役割を果たしていますが、睡眠不足になるとこのセロトニンが不足してしまいます。セロトニンが不足するとイライラや不安感が増し、満腹中枢の正常な働きを妨げるようになります。

セロトニン不足を防ぐためには、日光をしっかりと浴びることが大切です。そのためには早寝早起きをするなど、規則正しい生活リズムを整えることがポイントと言えるでしょう。またセロトニンが豊富に含まれる肉や魚、乳製品などを意識的に摂取することも有効です。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ