Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

レンズが汚れを防ぐコンタクトレンズのこまめなお手入れ方法

装用しやすいコンタクトレンズコンタクトレンズを選ぶ場合、ハードレンズにするかソフトレンズにするか迷いますよね。それぞれの特徴をまとめてみます。 まずはハードレンズ。水分を含まないプラスチックが使われています。

黒眼よりも少し小さいサイズになっており、瞬きの時にレンズが浮くことにより、涙の入れ替わりが起こります。その涙を通して酸素の供給ができるので、眼は呼吸しやすいと言えるのではないでしょうか。

また、ソフトレンズに比べくっきりとした視界が得られますし、乱視矯正も優れているようです。ただ、言葉通り固いレンズですから、装着した時の違和感はかなりあり、慣れるのに一週間ほどかかる方もおられます。

手入れは簡単で、水ですすぎ洗いもできますから、外出先で眼にゴミが入っても洗面所で洗えます。耐久性にも優れていますので、キチンとケアすればかなりの期間使用でき、ソフトレンズより安いと思います。

次にソフトレンズです。水分を多く含む素材が使われているため装着時に違和感はほとんどありません。黒眼部分を覆うように装着され、瞬きしても動きませんから、スポーツなどをする時には大変助かります。

酸素を通しにくく、眼も乾きやすいのですが、最近では新しい素材による酸素を通しやすいソフトレンズも開発されています。ハードレンズの様に、割れてしまう事はありませんが、柔らかく薄いため破れやすいのが特徴です。また、簡単に裏返ってしまいますから、装着時に確認が必要です。

水分を多く含む為、雑菌やウイルスが繁殖しやすいので、煮沸消毒や化学洗浄剤を用いたコールド消毒が必要です。それぞれにメリット、デメリットがあると思います。また、ソフトレンズを使いたい!と思っていても、眼の状態ではハードレンズが適応している事もあります。自分で判断する前に眼科に行って、専門医に相談するようにして下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ