Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

高齢出産の出産準備。35歳以降の妊娠のリスクとは

子供は天からの授かりものよく、高齢出産はいろいろと大変だと言われます。でも、だからといって、特別な準備が必要になるわけではありません。ただ、体の負担は想像以上に大変な事があるんですね。なので、以下の点に注意するようにして下さい。

帝王切開での出産に備える

高齢出産の場合、母体の状態によっては自然分娩ではなく帝王切開となる確率が高くなります。特に分娩の状況次第では医師の判断によって帝王切開になる事がありますし、あらかじめ帝王切開と決めて出産に臨む場合もあります。

急に「帝王切開にします・・」と言われると誰でも焦ってしまいます。変更を知ってとまどうことのないよう、医師と体の状態に伴う出産方法の変更などを十分に話し合っておいて下さい。

また、出産状況によっては入院日数が長くなることもあります。入院が長引く場合に備え出産準備を少ししっかり目にしておく事をおススメします。

退院後のサポート態勢を充実させる

帝王切開にしても自然分娩にしても、出産後の生活は大変です。出産は思っている以上に体力を奪ってしまいます。体が復調するまでは赤ちゃんのお世話・家事やご主人の身の回りのこと・・など、「体がついていかない・・」と感じてしまうほど負担を覚える方も沢山おられます。

かといって里帰り出産も難しい事があります。というのも、高齢出産の場合は親御さんも高齢のことが多いため、長期間の滞在が困難だったり「お任せ」出来ない状況の事が多いからなんですね。

マタニティ期間に「産後の生活」を想像するのは大変かもしれませんが、いろいろと利用出来るサービス、便利グッズをしっかりとチェックしておいて下さい。

産後の生活が始まり、「これはちょっとキツイ・・」という状況になれば、こういったサービスを利用してみてはどうでしょう?

食事のケータリングサービスでも良いですし、1日数時間のベビーシッターなどでも良いです。「そんな楽をしても良いのかな・・?」と思われるかもしれませんが、体力の回復を第一に心がける時期です。利用できるものは利用し、自分の体調管理をしっかりと行って下さい。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ