Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

LCCの航空券が大手代理店より安い4つの理由

毎日が最低価格の航空券LCCは飛行時間が5時間以内なら利用してもいいかなーと思いますが、安かろう悪かろうというイメージがあるので半額でも乗りたくないという友達がいました。

搭乗開始時に行かないと、機内への持ち込み荷物が棚に一杯になってしまった経験がありストレスになったとか。日本人はサービスに非常に高い水準を要求しますからね。

国内の主要なLCCとしてピーチ・アビエーション、バニラ・エア、ジェットスター・ジャパンの3社がありますが、飛行機代金を抑えるためにいろいろな取り組みが行われています。

その為、大手航空会社とはちょっと異なった特徴もいくつかあります。普通の飛行機のサービスと同じものを期待して搭乗してしまうと面食らう事もありますので注意して下さい。

座席の間隔や通路が狭い

これは一般的な航空会社の機体の通路、座席の間隔に比べて狭く作られているということです。基本的に座席指定は有料で、指定をしなければ4列シートの真ん中の席になる可能性もあります。窓際の席はトイレにも行くのも大変です。

機内食など、機内で提供されるものは、基本的に有料

通常、早割や特典サービスなどを利用し安い飛行機チケットを購入した場合でも、機内でのサービスにはほとんど差がありませんよね。でも、LCCの場合、機内で提供される機内食やブランケット類などは、全て有料になると考えておいてください。また荷物の重量制限もあります。つまり、良いサービスが受けたければお金を払うという事ですね。

機体に使われる部品を同じもので揃える

部品交換や整備の効率が上がり、人件費などにかける費用を減らすことができます。

破格のセールも魅力!国内線は片道1990円から

セールの対象搭乗期間は要チェックですが、空席と運賃をリアルタイムで見れるので便利です。

店舗を構えると賃貸料や光熱費がかかってしまい、結果として飛行機代にそれらの費用が上乗せされます。LCCではインターネット購入を中心とする事で店舗代を浮かしています。週末や連休シーズンは料金が高い時もありますが、閑散期や利用しにくい早朝や夜中の便は、かなり安くチケットを購入する事ができます。

LCCを利用した旅行先ランキング

<国内>

  1. 札幌
  2. 沖縄
  3. 福岡

<海外>

  1. 台北
  2. 香港
  3. ソウル

札幌や台湾は1万円台、東京からソウルは往復3万円で行けます。タイやシンガポールは、金曜日の深夜に出国して、日曜の深夜に帰国できるので現地に長く滞在できて便利です。

成田空港の第3ターミナル内は結構歩き、手荷物検査に時間がかかったりしますが、手荷物なんか預けない手ぶらの旅行者にはおススメです。

ただ、遅延欠航があっ場合、ホテル代など自腹になるリスクがあります。ANAやJALの早割プランだと、LCCより3000円くらい安い時もあるので比較サイトがおすすめです。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ