Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

LCCにおける、絶対に覚えておいてほしい注意点

日帰り往復キャンペーン「飛行機代にお金をかけたくないから・・」、「とりあえず安かったら良い」と思い、安い飛行機チケットを手に入れるためにLCCを選択する人も増えてきています。

確かに安さという点では希望通りかもしれませんが、それ以外の見落としがちな死角もある事も忘れないで下さいね。細かい事を上げるときりがないので、大まかな注意点をご紹介します。

(1)手荷物について
たいていのLCCには重量制限があり、1キロオーバーでも追加料金が発生します。長期旅行などでは荷物が多くなってしまいますが、できるだけコンパクトにして余分な追加料金を払わなくても済むようにして下さいね。

そして、機内に手荷物持ち込みとして持ち込めるもの以外は、預けるのに費用が発生すると思っておいて下さい。(普通は無料・・というか、航空代金に荷物料金も含まれているので、手荷物預かり所でお金を取られる事はありませんよね~。)

(2)機内のせまさ
座席の間隔、シート面積が狭いです。長時間のフライトの場合にはかなり窮屈かもしれません。また、ブランケットやイヤホンの貸出も有料のところが多いです。シートに関しては追加料金を支払うことで変更できる場合もありますが、空席状況次第ですので「狭さ」は覚悟しておいて下さいね。

(3)飛行機の遅延、欠航
LCCは欠航が多いというイメージがあり、時間に厳しい利用客から敬遠されているようですが、LCCは数少ない機体で運営しているところが多いため、どこかで遅れが生じてしまうとそれがその日のフライト全てに影響してしまいます。

乗継などがある場合、遅延してしまうと大変です。予防方法もありませんから、LCCを利用される場合、遅延、欠航時の対策もあらかじめ考えておいた方が良いですよ。また、航空機が遅れても代替交通手段の手配もなく、ホテル代や交通費も出さない会社もあるようです。

不満をぶつけたくてもコールセンターにつながらないこともあるので、「ギリギリのサービス」というLCCデメリットもしっかりと確認して購入するようにして下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ