Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

英会話学校の休んだ分の授業料

料金で選ぶ英会話レッスン固定制であれ予約制であれ、英会話教室に通う場合、どうしても都合のつかない時も出てきます。英会話教室に通うにも費用がかかっていますので、休んだ分の授業料を支払うのもスッキリしませんよね。そんな場合は振替制度を利用する事をおススメします。

多くの英会話教室ではこの振替制度を採用していますので、制度の内容を事前にしっかりとチェックするようにして下さい。ちなみに、この振替制度で振り替えるのは、英会話教室の受講日となります。

受講予定日に都合が悪くなったとしても、振替制度を利用して別の日に受講することが可能になります。これは忙しい方にとってはありがたいシステムですよね。ただ、振替制度の詳細な部分が、英会話教室ごとに違っている場合がありますので注意をして下さい。

大まかな内容を紹介しますので参考にしてみて下さいね。

回数制限の有無
英会話教室によっては振替回数は~回まで、と規制されている事があります。仕事の時間によって変更が多い方は、振替回数などの具体的な内容を確認して下さい。英会話教室によっては、規定数に達した後は振替制度の利用ができなくなり、振替不可となり欠席扱いになりますので注意して下さい。

費用負担の有無
費用負担の有無がある場合、振替制度を利用する度に出費が嵩むことがあります。これも規定数が決まっている事があり、~回以上は振替が有料となる事があります。

受付期限の有無
数時間前まで振替可・前日~時まで・など受付期限を設定している英会話教室もあります。出来る限りギリギリまで振替を受け付けてくれるところがありがたいですよね。英会話教室によっては振替をすると希望する時間帯や指名が出来なくなるところもあります。ある程度の犠牲は仕方ないと思っておいた方が良いかもしれませんね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ