Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

どんな人がなりやすい?骨粗しょう症の傾向とその検査方法

骨の健康度をチェック骨粗しょう症は、高齢者や女性に多い病気です。 かといって、高齢者や女性のすべてがこの病気にかかるわけではありません。

それは、その方の持っている体質や遺伝的な要素、環境が大きくかかわってくるからです。 ですから、同じ年齢の女性の方でも、骨粗しょう症がひどく進んでいる方もいますし、まったく何も症状の表れない方もいます。

そこで気になってくるのが、自分が将来骨粗しょう症になりやすいかどうかということです。 骨粗しょう症になりやすい方には、いくつかのタイプがあるようです。

そんな兆候を見逃さないためにも、自分に当てはまるかどうかのチェックをしてみて下さい。 まず、最も骨粗しょう症になりやすい方は、運動不足です。運動をすると、骨が健康的に作られていきます。 それがほとんど運動をしなかったら、弱い骨しか作られません。

これでは将来、骨粗しょう症になってしまう危険性が大きいですね。 また、ダイエットをしている方も、骨粗しょう症の傾向があります。必要な栄養成分を取らなかったら、骨も強くはなれないです。 最近は、女性を中心にして、極端なダイエットに走る傾向にあります。

それは、あなたの大事な骨を弱くしてしまっているのです。 大事な骨をダイエットによって、自ら弱くしてしまったら、将来骨粗しょう症になってしまう危険性が出てきます。

将来のためにも、極端なダイエットをするのは、今すぐに中止したいですね。 そうしないと、あなたの骨がスカスカになってしまう危険性がありますよ!骨粗しょう症は、骨密度を調べることで、なっているのかどうかが簡単に分かります。

それには、「DEXA(デキサ)法」「CT法」「MD法」などの方法で調べたらいいのです。 「DEXA法」は、2種類のX線を当ててあなたの骨密度を調べます。この方法のいいところは、短時間で正確に調べられるところです。 また、「CT法」は最も一般的な、骨密度の測定方法です。

骨の断面図を測定しながら、骨密度を調べます。 「MD法」は、手と基準物質を一緒に撮影します。 そして、その色の濃淡によって、骨密度を測定する方法です。このように、骨粗しょう症の骨密度の検査には、さまざまな方法があります。 どの方法でも、今は医療が進んでいますから、正確に骨粗しょう症を測定することが可能です。

これらのどの方法を使って、骨密度を測定するのかは、あなたのかかりつけのお医者さんの意見に従ったほうがいいですね。それぞれのお医者さんが、骨粗しょう症の治療のときにどの検査基準に従って、治療を進めていくのかは異なっています。

そのために、医者が治療を進めやすい方法で検査を行うのが、1番いいのです。 また、いつから骨粗しょう症の検査を受けたらいいのかというと、40代に入ったら検査を1年に1回は受けたほうがいいです。それは、40代になったら、急激に骨密度が低下してしまうからです。 毎年定期的に検査を受けていたら、骨粗しょう症に急にあわててしまう心配も少なくなります。

特に、骨粗しょう症になりやすい女性の方は欠かさないで、検査を受けたいですね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ