Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

婚活で恋心を育てるトレーニング

恋に有効な習慣一昔前までは、「女性と生まれて結婚しないなんて・・」と、結婚しない事がまるで罪悪のような捉え方をされていました。でも、最近では「結婚」はそれほど強制力を持っていません。

女性の社会進出が大きく広がり、男性並みに働いたり、趣味に没頭したり・・と自分の時間を大切にする女性が増えているからです。

また、結婚・出産がワンセットのようになっていますが、子どもを産んでも働きたい女性が増えているのに対し、子どもを預かる設備が整っていない日本の現状では、子どもを安心して育てられないという不安感もあり、ますます結婚から女性が遠のいてもいるようです。

そのため、婚活は昔ほど盛んには行われなくなってきました。 女性の場合、出産・育児に関わる年齢から逆算して「結婚適齢期」を設定する事が多いです。それによると、大体20代の終わりくらいから女性は結婚について考え始め、30前後で本腰を入れる人が増えてきています。

反対に男性の場合、女性のように出産をする訳ではありませんので、「結婚したい時に結婚する」・「結婚したいと思った女性に出会えた時に結婚する」と女性程厳格な結婚適齢期は設定していない傾向にあります。

なので、女性ほどハッキリと年代別に分ける事が出来ませんが、大体20代~30代の間で積極的に婚活に参加するようです。性差があるのですから、結婚に対する男女の考え方に大きな違いがあるのも分かりますよね。

それに、どちらかというと女性のほうが男性に比べると結婚相手を慎重に選ぶようです。まあ、男性は「将来家庭を支える人、子どもの父親として家族を守ってくれる人」、として非常に厳しいふるいにかけられるわけですね。

その一方、男性は婚活で知り合った女性と話をしてみて、「気が合うな・・」と感じた場合、すぐに結婚対象として考える人がほとんどです。何とも、女性に比べて単純というか、大らかというか・・。 女性の場合、結婚に対して前向きであっても、男性のようにすぐに結婚相手として考えることは少ないですね。

結婚後に「失敗した」と感じる事態を避けるためもあって、けっこうな時間をかけて相手の本質を見極め、しっかり熟考します。(また、男性に比べると女性のほうが、相手にあれこれと理想を押し付けてしまうことが多いようですよ。)

慎重になり過ぎても、かえってチャンスを逃してしまう事もあります。自分の直感と、自分の「分析力」、これを磨いておくことが婚活必勝法なのかもしれませんね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ