Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

なぜロスカットでFXの資金を完全に無くしてしまうのか|GMOクリック証券

損失を拡大したら強制決済に注意GMOクリック証券で取り入れられているのがロスカットシステムで、含み損が大きくなった際に自動的に行われる決済機能のことを指します。

ユーザーの予想とは反対方向に変動し、損失の拡大を防ぐためにリスクヘッジの方法として取り入れられているのがロスカットです。私はアメリカの雇用統計発表時に10万円程一瞬で失ってしまいました。

FX取引は株のように値幅制限ギリギリまで売買するストップ高やストップ安はありません。

ストップ高⇒値幅制限いっぱいまで株価が上昇する
ストップ安⇒値幅制限いっぱいまで株価が下落する

3営業日連続で続いたり比例配分がなかったりした際に値幅制限が拡大され、極端に上がり過ぎたり下がり過ぎたりするのを抑えています。

預かり資産No.1このような値幅制限はFX取引ではなく、レバレッジを高くかけられるメリットがあるのに対して損失も大きくなる可能性があり、不足金の発生を避けるためにロスカットが適用されるのです。

GMOクリック証券では、時価評価総額が必要証拠金額の50%未満になるとロスカットが適用されます。

あらかじめ設定されているロスカットレベル(必要証拠金維持率)を下回ると、投資家にとって不利な為替レートでも即座に強制的に決済が行われるというメカニズムです。

あくまでもユーザーの損失の拡大を防ぐための最終的な措置ですし、FX取引を行う際はご自身でロスカットを行うリスク管理を徹底した方が良いでしょう。

とは言え、口座開設をするのならば当サイトでご紹介しているGMOクリック証券がおすすめで、以下のような特徴があります。

  • FX取引高が4年間連続で世界第1位
  • FX預かり資産が国内で第1位
  • 業界で最も狭いスプレッドで取引コストが安い

上記のような魅力がある証券株式会社なので、GMOクリック証券の口座を開設してみて下さい。

ロスカットの発動レートを計算するには?

ロスカットの発動レートを計算するには、GMOクリック証券の公式サイトのロスカットシミュレーションを見るのがおすすめです。

  1. GMOクリック証券の公式ホームページにアクセスする
  2. グローバルメニューの「サービスガイド」をクリックする
  3. 「FXネオ(店頭取引)」⇒「ロスカットシミュレーション」と進める

このようにアクセスでき、発動レートを事前にシミュレーションしてくれます。

相場変動によって変化するので正確な値ではないものの、目安にはなるのでトレードを想定してロスカットシミュレーションを行ってみて下さい。

→GMOクリック証券【FXネオ】の詳細はこちら



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ