Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

骨盤のゆがみと腰痛の関係性とは?日々の生活を見直すことの重要性

体の歪みは万病の元骨盤が歪む事でどういった弊害が生じてくるでしょうか?「姿勢が悪くなる、O脚、下半身太り・・」など色々あります。でも、そんな中でも顕著に「骨盤のゆがみ」を感じられる症状に腰痛があります。

全ての腰痛の原因に骨盤のゆがみがあるわけではありませんが、「骨盤と腰痛」には密接な関係はありますね。

私もあまりの腰痛のひどさに整形外科にまで行き、レントゲン撮影もして貰いました。買い物に行っても立っているだけで腰回りが痛くなり、足先の痺れまで出ていたのでちょっと心配だったんですね。

その時の診察では「初見上、異常なし」とのことで「腰痛体操」のパンフレットを貰って帰りました。でも、家事をするのも辛いぐらいでしたので、マッサージに行ったところ「骨盤のゆがみ」を指摘されました。

整体を受けるのは「なんとなく痛そうだから・・」と抵抗があったのですが、あまりの痛みと湿布代を考えると「整体を受けた方が楽カモ・・」と思うようになり施術を受けました。 それに合わせて家でも腹筋を鍛えるなどの腰痛体操を始めたのですが、最初は痛くて大変でした。

でも続けて行くうちに、大体1か月程でかなりの腰痛改善ができましたよ。特に就寝時、足元に薄い目のクッションを置き、少し脚を高くして仰向けで眠るようにしたのが良かったですね。骨盤矯正の方法は「整体、矯正ベルト、クッション、体操」といろいろあります。でも、ゆがむ原因をしっかりと考え、原因を改善することも非常に大切です。

一番シンプルで、一番効果的なのが「腰回りに負担をかけない生活をすること」です。私もそうなんですが、「足を組む癖」がある方は結構な割合で骨盤に影響が出ていますよ。また、「歩き方、荷物の持ち方、座り方、立っている時の姿勢、就寝時の姿勢・・」本当にキリが無いぐらい日々の生活では腰に負担がかかっています。

そもそも、二足歩行を始めた時点で骨盤や腰に負担がかかり始めるのですから、さらに余分な負担はかけないようにしたいですよね。腰に負担を極力かけず、腰回りの筋肉を鍛える事が腰痛改善の近道だと思います。骨盤矯正をする時にも腰回りの筋肉も鍛える体操、腹筋や背筋運動を加えるようにしてみて下さい。長時間こういった運動を行う必要はありません。

でも、少しずつでも毎日の継続が大切です。1日10分でも良いです。骨盤、腰回りを鍛える体操をとりいれてみて下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ