Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

下半身が冷えて足の先の感覚がなくなる方の改善策

血の巡りを良くすること接客業で立ち仕事をしている人や、同じ姿勢でいる時間の長いデスクワークをしている人は、血行不良と疲れにより、むくみと冷えに悩んでいる人が多いようです。

足の冷えが慢性的になると、下半身の血行不良となり、膀胱炎や関節炎などの病気を誘発する心配があります。十分に注意しましょう。仕事中や短い休憩時間に実行できる血行改善法を紹介しますので、実践してみて下さい。

まず、立ち仕事の方は、爪先立ちとかかと立ちを、それぞれゆっくりと10数えながら繰り返します。ぐっと体重をかけて行うようにしましょう。お客様の目につかない場所で、正座から立ち上がるときのような動きを数回繰り返してみて下さい。

こうした動きで筋肉や血管を刺激すると、足先まで血がめぐるようになり、冷えや疲れが緩和できるのです。デスクワークの方の場合は、デスクの下に足を乗せられるものを用意し、足を床より高くした状態で足指じゃんけんのように、足先を動かすようにしてみましょう。

むくみと冷えが防止できます。また、1時間に1回程度は椅子から立ち上がり、デスクの縁や椅子の背につかまって、足を片足ずつ背中側に曲げて、反対の手で足の親指から小指を順番につかんで引き上げるようにしてみましょう。こうした仕事中の冷えなどに加えて痛みやしびれがある場合には、何かの病気である可能性があります。

また、静脈が浮き出たり湿疹が出たりした場合には、下肢静脈瘤などの病気かもしれません。いずれの場合も早めに病院で診察を受けるようにしましょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ