Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

マラソン初心者こそお勧めのLSDトレーニング!今日からはじめてみよう!

体操やストレッチLSDという言葉をごぞんじですか?これはマラソンの練習法の一つなんですね。私は最初、LSDという言葉を知った時にはコレステロールの何かかな?と思っておりましたが、そんなものではありません。

「Long Slow Distance」の頭文字を取ったLSDと呼ばれる脚力を磨くトレーニング法なんです。(自分の無知さ加減が恥かし~)

このトレーニング法、英語を直訳すると「長く、ゆっくり、(遠)距離」という意味になります。なんとなくトレーニング内容が分かるような言葉ですね。

実際、LSDはゆっくりと長く走る続けられることを目的としています。この「走り続ける」という事がマラソンにとっては非常に重要になってきます。というのもマラソンは長距離を走る競技ですから、持久力がとても大切なんですね。その持久力を高めるためには筋肉の持続性を高めたり、疲労に強い体質に体を変えて行かなければなりません。

「そんなのはトップアスリート向きのトレーニング」と思ってしまいそうですが、マラソンをする上で持久力を高めるのは必要不可欠の条件でもあります。LSDのポイントとしては、とにかくゆっくり時間を掛けて走り続けることなんですね。でも、ゆっくりでも足は走っています。

これはウオーキングではなく、ランニングにして下さいね。「早歩きとゆっくり走る」、このペースは同じでも、使う筋肉は全く違ってきますから、ゆっくりでも「走る」ようにしてください。初心者の方は1kmをだいたい7~8分のペースを目安にはじめてみて下さい。

これはランニングしながら会話ができる程度のペースですね。そして慣れてきたら徐々にスピードアップをしていきます。ゆっくりと長く走るのですから、最低でも1時間ほど走り続けられる事を目標にしてくださいね。マラソンを始めたばかりの人は30分間ぐらいから始めるのがおススメです。

そして走ることを意識しながら段階的に時間を伸ばしていってください。LSDのメリットは、体内に酸素が行き渡りやすくなり、エネルギー効率を高めて長く走り続けられることです。また、気を付けて欲しい事はトレーニング中は「足を止めない」ようにすることです。信号待ちや遮断機でなどで足止めされたりするとあまり効果が出ないので気を付けてコースを選んで下さいね。

初心者の基礎体力アップにこのLSDトレーニングはとても有効です。マラソンに必要な走力を高め、スタミナや持久力を身に付けるにはベストな練習法なので、初心者はこの方法からマラソンを始めてみてはどうでしょうか。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ