Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

残念な結果になってない?若作り、やりすぎない演出法

若々しい美肌を作るには若く見せるためにがんばっている人は少なくありませんが、やり過ぎてしまっている人も多くいるようです。

若く見せるということを、不自然な若作りと混同している人もいるようです。 ある程度の年齢の人が派手なミニスカートをはいてしまうと、どうしても無理な若作りに見えてしまうものです。

それは若く見せるための工夫とは言えないので、注意しなければいけません。 50歳の人が20歳のような格好をしたとしても、不自然になってしまうのは当然と言えるでしょう。

重要なのは、実際の年齢よりもほんの少し若い人向けのファッションをするということです。 それから、若く見せることがうまい人のほとんどは、自然に若さを演出できているという共通点があります。服装だけで不自然に若く見せようとするのではなく、相手に若々しい印象を与えることに成功していると言えるでしょう。

メイクやファッションを工夫したところで、大幅に若く見えるようになるわけではありません。実際の年齢よりも年上に見られることが多いという人は、若く見られる工夫をする前に年相応に見られるようにがんばった方がいいでしょう。10歳近く若く見られるという人の多くは、その人の体格や骨格が大きく関係しています。

そのため、努力だけではどうしようもない部分もあるということも理解しておく必要があります。ただし、5歳くらいであれば話し方や立ち振る舞い、メイク、ファッションなどでカバーできるはずです。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ