Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

何をする人?中小企業診断士、持っているとどんなメリット?

経営全般の知識を問う資格「誰でも取れる資格は見返りも少ない」というのが現実!そこで「ちょっと人とは違う資格」を取りたい、「キャリアアップを真剣に考えたい」という方におススメしたいのが「中小企業診断士資格」。

「え、中小企業を診断するの?」と不思議に思われるかもしれませんが、その通りなんです。実際の業務として、中小企業の経営などに関して診断やアドバイスを行います。(私の知っている法人団体にもこの中小企業診断士さんが在籍しているのですが、「その人がいる」というだけで非常に安心感がありますね。)

資格試験の種類は国家試験。社団法人中小企業診断協会が実施し、そこで合格したうえで(1)実務補習を修了する、(2)診断実務に従事する、(3)定められている養成課程を修了する、といういずれかの方法で中小企業診断士として正式に登録されます。

ただし、この登録は生涯有効ではなく、5年ごとに更新しなければなりませんので注意が必要です。特に受験資格はありませんが、ある程度の経験がある方が有利なようです。

資格試験は札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡・那覇の8地区で行われますが、受験料は13,000円とけっこう高額。また、1次試験合格者のみが2次試験に進めます。1次試験は筆記試験となっており、中小企業診断士となるのに必要な知識を持っているかどうかということが判断されます。

2次試験(1次試験とは違って那覇地区で開催されていません)の受験料は17,200円とさらに高額となっており、筆記試験と口述試験が行われます。

1次試験、2次試験共に合格率は20%を切ることが多い難関資格でもあります。合格を目指すにはかなり準備が必要になりますが、それだけの価値は十分にある資格でもあります。キャリアアップを真剣に考えているのであれば、じっくりと準備をして中小企業診断資格を取得してみてはどうでしょうか。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ