Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

疲れと痛みを極力残さないように!マラソン前後の体のケア方法

疲労を早く取るにはマラソンに限らず、スポーツをはじめると悩まされるのがケガや筋肉の疲労です。特にマラソンの場合、トレーニングにランニングを始めると最初の間は膝が痛くなりやすいです。

それは、走った時に足に伝わる衝撃が原因となっています。この痛みを抑えるためには筋力を付ける必要があります。ですから、マラソンでは走りはじめる前に体を温め、柔らかくするストレッチを十分に行うようにして下さい。

特に、太ももにある筋肉:大腿四頭筋やハムストリングを鍛えるようなストレッチもとりいれる事をおススメします。ちなみに、以前マラソンで痛い目に合った私の夫は、今ではランニングの前に30分のストレッチを欠かさずやっています。

ストレッチで軽く息が上がる程度の運動量が必要なようですよ。 また、シューズも足の衝撃を和らげるためには欠かせません。早く走る為には軽い物が良さそうですが、まだまだ筋肉が鍛えられていない初心者の方はクッション性の高いランニングシューズを使って下さいね。

本来はアスファルトは避けて土の上を走る方が足の衝撃が少ないのですが、そんな場所はナカナカありませんし、第一マラソン大会ではほとんどのコースはアスファルトで舗装されていますので、コースになれる意味でもアスファルトでトレーニングを行っても良いと思います。

他にも、膝だけでなく腰や骨盤、背骨を傷めてしまう事もあります。走る前にストレッチをするのは絶対に不可欠のトレーニングですが、走り終わった後も筋肉をほぐすストレッチを忘れずに行って下さい。

足裏のマッサージ、土踏まずのアーチ部分は特に念入りに、そしてふくらはぎ、太もも、足の付け根、腕、肩とほぼ手の届く範囲で全身をマッサージするようにして下さい。また、足の怪我にも注意画が必要です。特に新しいシューズを履き始めた時にはマメができたり、踵が靴ずれを起こし易いです。

消毒をし、清潔に保つように心がけて下さいね。マラソン大会などのレースで新しい靴を履きたい時には、早い目に出来るだけ履きならすようにして下さい。次の日に疲れを残さないためにも、マラソン後はゆっくりと体を休めたり、アミノ酸補給も疲労回復に効果があるのでアミノ酸粉末などを飲むのもおススメですよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ