Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

条件のいい相手と次々に会える婚活の意外なリスク

冷静で客観的な判断よく、「理想通りの結婚の近道は婚活にある」と言われますが、婚活にもデメリットはあります。まあ、恋愛結婚であれ、お見合い結婚であれ何らかのデメリットはあります。

また、それを含めて恋愛であり、お見合いなのですから、デメリットという言葉も適当ではないかもしれませね。

「何から何まで理想通りの人とロマンチックな出会いをして、幸せいっぱいにゴールイン?末長く幸せに暮らしました・・」なんて現実離れした事がデメリットの無い結婚ではありませんよね。

では、婚活のデメリット、この場合、婚活をすることによって生じてくる問題点とはどんなものがあるのでしょうか。 婚活は回数を重ね相手を吟味して行くことが多いです。

就職活動を経験されたことのある方なら共感してもらえると思いますが、最初に面接を受けた会社と20社目に面接を受けた会社とでは自分の気持ちに変化が生じていたり、初めての時のような緊張感が20社目の面接ではなく、なんとなく事務的というか、流れ作業的になってしまっている・・なんて事がありますよね。

これと同じ事が婚活にも表れてしまうんですね。婚活で理想の相手探しをするのがまるで、会社選びのように条件や待遇といった自分の希望だけで判断してしまうようになってしまう事があります。もちろん、初めて婚活デビューの人と比べると初々しさや結婚に対する情熱も変わってしまっていますので、回数ばかり、つまり会社回りばかり増えてしまうんですね。

また、「何が何でも結婚したい!」と結婚に熱い気持ちを持っている人の中には、結婚をしたいと思うあまり、毎日の生活の中心が「結婚のために何らかの活動をすること」になりがちで、実際結婚してしまうと五月病のように、非常に暗い気持ちになってしまったり、理想と現実のギャップに苦しんでしまう事もあります。

最後に費用の面ですが、結婚相談所などは場合によっては数十万円の費用がかかってしまうこともあります。(まとまったらまとまったで別途お金が必要だったりもします。)私がお見合いをお願いした仲介さんは1回5万円でした。また、お見合いパーティーなどはもう少し安くなりますが、参加費用として出費が必要になりますし、回数を重ねればそれだけの出費にもなってしまいます。

そう考えると、手間はかかっても恋愛結婚の方が・・と思われるかもしれませんが、お金でメリット・デメリットが決められるものでもありませんよね。要は、「自分に合った方法はどれか?」という事を見つけるかどうか、ということだと思います。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ