Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

どれくらい必要?どうやって貯めれば良い?結婚資金の貯蓄方法

結婚式の日取りを考える結婚資金は、多くの場合は挙式を決めた日から予定日まで、短期間で貯蓄する必要があるのではないでしょうか。

金銭的な理由で理想の結婚式を挙げることができず、後悔している既婚者は少なくありません。予定がないうちは、現実的ではないかもしれませんが、自分の理想通りの結婚式や披露宴を実現させるために、早めに結婚資金の貯蓄を開始しましょう。

また、結婚式の費用だけでなく、新婚旅行、新居、新生活に向けての家財道具一式などを考えると、かなりの額が必要になります。結婚資金の貯蓄は、早く始めるに越したことはありません。 まずは、自分の理想の結婚式のスタイルを思い描きましょう。

具体的な目標がある方が、貯蓄はやりやすいものです。招待人数にもよりますが、大体200~500万円必要です。結納を行うか、婚約指輪を準備するか、仲人をたてるか、などによっても異なります。結婚資金の貯蓄として、まずは財形貯蓄が考えられます。これは最低1年以上積み立てが必要ですので、結婚の予定がなくてもすぐに始めておきましょう。

百貨店の友の会もお勧めです。これは、各百貨店で取り扱われているもので、毎月一定額の積み立てをすると、金券として1か月分プラスになって戻ってきます。

それで引き出物の費用に充てられます。また、旅行会社や式場と提携している百貨店もあり、そちらで使うこともできます。 どうしても式までに間に合わない場合は、銀行のブライダルローンを検討しましょう。貯蓄を確実に増やしていくためには、投資も考えていくとよいでしょう。現在の低金利では、預貯金による利子はほとんど見込めません。

堅実な投資は、節約を重ねてコツコツと貯めた大切な資産を増やすために欠かせない手段といえます。ある程度まとまった貯蓄ができたら、投資について検討してみましょう。最初に注意が必要なのは、投資にはリスクがつきもの、ということです。元本割れしてしまう可能性も否定できません。

人に勧められるまま、よくわからずにやってみた、ということのないように、投資を始める前に、よく勉強して、きちんと理解したうえで手をだすようにしましょう。一般的に投資の対象として、不動産、株式、為替などがあります。最近、不動産を投資として利用する人が増えています。

土地がある人は、余っている土地にマンションやケアハウスを建設して家賃収入を得る、土地や資金がない人も、マンションオーナーになるケースが増えている話題の投資です。

株式や外国為替も人気の投資法です。情報化社会の今、24時間世界情勢を知ることができ、勉強していればかなり確実に儲けられます。ただし、世界的に長引く不況や相次ぐ災害によって、相場は毎日劇的に変動しており、プロでも見極めるのが大変な状況です。

まずは、銀行などで扱われている投資信託などを購入して勉強することをお勧めします。自分にむいていない投資法であることがわかったら、速やかに手を引くことも大切です。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ