Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

産後のストレスでマタニティーブルーにならないために

育児の大変さを実感おなかダイエットを産後にしたい方は、無理をしないで、自分のペースで行ってください。生まれたばかり赤ちゃんを抱えながら、産後ダイエットをするのは、思ったよりも難しいです。

自分のために時間がなかなか取れないですし、赤ちゃんには世話がかかります。そんな中で産後ダイエットをするのですから、ストレスがかかりやすくなります。

また、体も非常に敏感になっています。ですから、無理をして産後ダイエットをしたら、体調を壊してしまう危険性が大いにあるのです。

まずは、赤ちゃんとの生活を大切にして、負担がかかりにくい方法で、産後ダイエットを行ってください。もし、無理をしてダイエットをしようと思ったら「マタニティーブルー」になってしまう危険があります。

このような危険を避けるためにも、自分のペースで決して無理はしないでくださいね。出産後のおなかダイエットは、激しい運動は避けて、ゆったりとできるものを選んだほうがいいです。

たとえば、椅子に座ったままでできる、おなかダイエットはいかがでしょうか?これならば、産後の体にも負担が少ないので、どなたにも簡単にできます。

やり方はとても簡単です。まず、椅子に楽に座ってください。そして、体を左右に大きくひねっていきます。そのときに下腹部に力を入れて、ひねるようにしましょう。

こうすれば、あなたのおなかが無理なく引き締められます。産後は決して無理をしないで、できることからゆっくりと始めて下さい。

脂肪がやわらかく動きやすい時期というのは、産後6ヶ月くらいまでの間です。この期間にダイエットをしておかないと、脂肪が移動しにくくなり元の体型に戻るのが難しくなってしまうのです。

さらに、出産は多くの体力を消費します。出産によって悪露があったり体調が優れない場合は、ダイエットは後回しにしてまずは元気になることを目指しましょう。

体力を回復させる働きのある産褥運動であれば出産直後から実践しても問題ありませんが、スタイルを良くするための産後ダイエットは体力が回復した後にした方がいいでしょう。

つまり、産後ダイエットを行うべき時期というのは、生後1ヶ月~6ヶ月がいいと考えられます。栄養バランスのいい食事をし、体に負担をかけないようなストレッチからスタートするといいでしょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ