Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

まずは算数をクリア!中学受験突破方法

中学受験算数の問題文算数が苦手な方も多いと思います。基本的な四計算は問題なく出来ると思いますが、それを応用し始める植木算やツルカメ算と言われる段階にいたると、「苦手・・」となってしまうのではないでしょうか?

でも、受験に限らず、算数は高校まで続く必修科目の筆頭です。中学受験をする方は特に算数を克服することが重要だとも言われるぐらいです。

では、どうやって克服して行けばよいのでしょうか?やはり、低学年のうちから算数に慣れ親しむようにして行くのが一番ではないでしょうか。

そろばん教室に通うのも非常に有効な手段だと思います。脳にも刺激が与えられ、活性化されます。特に繰り上がり繰り下がりの計算は、算数の第一関門といわれ、多くの子がここで、算数が難しいものと感じてしまうのです。

普段の生活でそれ程繰り上がり、繰り下がりの計算をする事はありませんから、ある程度の訓練も必要になると思います。苦手意識を持ったまま中学受験の準備を始めると大変ですよ。受験では、小学校で学習した基礎が万邊なく出題されますし、さらにそれを応用した高度な問題も多く出されます。

本格的な受験準備は5年生になる頃から始める方が多いと言われています。5年生からいきなり苦手科目を得意にすることは難しいです。それ程じっくりと自分の苦手分野に時間もかける事もできません。やはり、中学受験を考えておられるご家庭では、早い段階から、小学校に2年生ぐらいから算数が好きになるような環境を整えて行く方が良いでしょう。

子どもは好きな科目を進んで勉強したがります。強制するのではなく、自然に算数に慣れ親しむように習慣づけができると高学年になった時に大きな助けになります。最初は簡単な計算や分かりやすい例えを生活の中に取り入れて行くと、スムーズに算数の世界に入れるのではないでしょうか。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ