Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

実務未経験から医療事務の仕事を始めるチャンス

クリニックの受付をする医療事務「喰いっぱぐれがない!」といわれる資格と言えばコレ!医療事務資格!

実際、今、非常に人気を集めている資格試験。でも、本当のところその需要ってどれくらい高い?せっかく資格を取っても「使えない資格」になっては意味ないですよね~。なのでその実情をご紹介。

日本は今、超高齢社会に突入し、高齢者医療のニーズも非常に高まっている真っ最中。

医師や看護師の需要が高いのは勿論ですが、医療事務の需要もそれに比例して高まりつつあるわけです。それに、病院が無くなることはあり得ないこの現状で、「医療事務の資格を持っている」ということは将来の安定した生活の支えにもなってくれるんですね。

「今すぐ、医療事務をする訳じゃないけど・・」、でも、「将来的に使える資格」として持っておくと安心ですよね。それに就職する際にも非常に役立つ資格としても知られているので、将来、就職を有効にしたいと思っているのであれば、医療事務の試験を受けることの検討もおススメ。

では、実際の試験内容をザッとご紹介! 医療事務の資格試験には様々な種類がありますが、中でも人気と認知度が高いのが「診療報酬請求事務能力認定試験」。詳細としましては・・。

(1)受験資格

特に無し

(2)受験科目

医科と歯科に分かれており、それぞれで学科と実技が行われます。

(3)試験日

7月12月の年2回となっており、時間は3時間!

(4)受験場所

札幌市・仙台市・さいたま市・千葉市・東京都・横浜市・新潟市・金沢市・静岡市・名古屋市・大阪府・岡山市・広島市・高松市・福岡市・熊本市・那覇市

(5)受験手数料

7500円

・・ ただ、需要の高い資格ほど試験内容も専門的になってきます。「いきなりそんな難しいことはちょっと・・」という方は、もう少し簡単に取れる「医療事務技能審査試験」を検討してみてはいかがでしょうか。この試験は毎月行われており、受験資格も特にありません。しかも、現場ですぐに働くために必要な知識を得られますよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ