Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

身長が伸びる時期は人によって異なる

身長は何歳まで伸びるのか?低身長と言う言葉があります。これは病気が原因の場合と、病気以外の場合があります。大体の判断基準として、2学年下の子供と比べても低く、クラスで次に低い子どもと比べてもかなり低い状態のことです。

この低身長の疑いがある場合、治療によって身長を伸ばすことが大切になってきます。主に成長ホルモンの投与によって身長を伸ばす治療となります。

ただ、低身長の種類によっては治療の対象にならない事もあるのでまずは病院で相談してみる事がたいせつです。治療対象外となる低身長は、遺伝的要素からくる家族性低身長や、体質性低身長といったものです。

ある一定の条件を満たさなければ、病気として判断できませんし、成長ホルモンによる治療を受けることもできません。治療の対象になるのは成長ホルモン分泌不全性低身長症などの病気です。大まかな分類をご紹介します。

  1. 低出生体重生低身長症
  2. 染色体異常(ターナー症候群)
  3. 軟骨異栄養症
  4. 甲状腺機能低下症
  5. 慢性腎不全

これ以外にも思春期早発症などがあります。 成長ホルモンを補わなければいけない状態にあるのでさまざまな検査の後、治療が開始します。また、成長ホルモンの注射は「在宅注射」と言って、自宅で行う事が原則とされています。

第一次性徴開始前の年齢で治療を始めることができれば、高い効果が期待できると言われています。ただ、早期発見の難しいのが低身長の特徴でもあるのですね。ですから、この時期を逃してしまうと、それだけ治療効果は薄れるともいわれています。

保護者の方が、子どもの身長が伸びが他の子供に比べあまりにも遅いと感じられたら、出来るだけ早く医療機関に相談することが重要になってきます。ただ、第二次性徴を終えた後でも、全く効果が無いと言う事ではありません。実際にこの時期を過ぎてから成長ホルモンによる治療を受けた結果、身長を伸ばすことが出来たデータもあります。

大体1~2cm程の身長を伸ばすことができるようです。でも、僅かでも効果があるのでしたら、諦める事は無いと思います。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ