Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

薬を飲んでも寝れない?更年期障害の不眠を克服したい

更年期障害が原因のうつ病女性を悩ませる体調変化の一つに更年期障害があります。これはホルモンバランスの乱れによっておこる女性特有の症状(男性にも似たような症状を感じる方はおられます)ですが、症状の出方はそれぞれなため、人によってその感じ方も大きく異なっています。

全く更年期障害を感じなかった!という方ももちろんおられますが、深刻な障害に悩まされる方も多いです。

そしてその障害の一つに「不眠症」があります。 もともと中高年の女性は、睡眠に関して何らかの悩みを持っていることが多いのですが、更年期になると、最適の睡眠時間と言われる7時間程度の睡眠時間を取っているにも関わらず、睡眠による悩みを持つ人が増えてしまいます。

これは、更年期に入り女性ホルモンが減少したことが大きな原因となっています。他にも、更年期に大きなかかわりのある女性ホルモンには、精神的なストレスを抑える働きがあります。今まで通りの睡眠時間、睡眠状態であっても、ホルモンバランスの変化が様々な睡眠障害を引き起こしてしまうことがあります。

「眠れない=体調の回復が低下する」ということです。更年期でそれでなくても体調の変化がつらい時期、それに加え睡眠障害で体調不良となってしまうと本当に大変です。それだけでイライラしてしまったり、倦怠感を感じてしまいストレスがたまってしまいます。

ストレスがたまるとさらに睡眠障害が悪化し・・と悪循環に陥ってしまうんですね。 こういった症状がひどい時には婦人科などで更年期障害を軽くしてもらう治療を受けることをおススメします。ホルモンバランスを安定させたり、睡眠導入剤などでしっかりと睡眠をとることで体調が回復し症状が軽減することができますよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ