Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

生理不順は診察してなんぼ!薬でホルモンバランス改善の可能性は?

女性ホルモンを飲み薬で補う生理不順、病気ではありませんが病気が原因の場合もあります。何が原因で生理不順になっているのかはやはり診察してもらわないと分からないので、とりあえず生理不順が長期で続くようでしたら思い切って病院に行ってみて下さい。

産婦人科に抵抗がある方も多いとは思いますが、「何か病気の予兆じゃあ・・?」と一人で考え過ぎる方が却ってストレスとなって、症状を悪化させてしまいます。

意外と多い原因が「ストレス」・「排卵」だと思います。ストレスの場合は自分で何とかするしかありませんが、「排卵」の方が問題な場合、薬での治療を勧められることもあります。早く治療したほうが症状が悪化しない事もあるので、頑張って通院して下さいね。

病院でホルモンバランスを調べ、そこに異常がある場合はホルモンに関する薬が処方されます。女性の体の中には、エストロゲンとプロゲステロンと呼ばれる二つのホルモンがあり、これが正常な月経を起こすために働きます。もし、これらのバランスが崩れてしまうと、排卵・月経のタイミングがおかしくなるんです。

なので、そのバランスを正常にするため、ホルモンが足りていないほうを薬などで補っていく治療が取られます。ホルモン治療は人によっては頭痛、倦怠感などの副作用(?)を感じることもあります。ホルモン治療に抵抗のある方は、一度サプリから始めてみても良いかもしれませんね。生理不順を回復するためのサプリメントがあるんですよ。

天然由来の植物などから抽出した成分で、ホルモンバランスを正常に保つ作用のあるサプリなど、出来るだけ自然に近い形でホルモンバランスを整える事が出来るようです。「いきなりホルモン治療は嫌だ!」という方、まずはサプリから初めて見て下さい。

他にも、女性特有の症状の一つに更年期障害があります。これも、閉経に向けて体の中のホルモンバランスが崩れ始めるのが大きな原因になっています。ほてり、頭痛、倦怠感、めまい、吐き気、耳鳴り・・とその症状は様々ですが、更年期障害がいつまで続くのかも個人差によるところが大きいので、出口の見えないしんどさがあります。

更年期障害は大体40代~50代に始まる事が多いので、自分の生理不順はもしかして・・と思い当たる方は一度産婦人科でホルモンバランスを調べてもらうようにしてくださいね。原因が分かるとけっこう気持ちが楽になりますよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ