Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

つわりの影響で食べられず、食事の用意をするのも億劫だ

水分をしっかり補給つわりによっては、食欲不振、胃の重み、胸やけ感が強く出る事があります。もちろん、吐き気やおう吐も経験される方も多いと思います。こういったつわりがひどい時に、何も食べたくないと思う方も多いと思います。

私自身、つわりが始まった時、ひどい食欲不振になりました。つわり中はお腹の中にいる赤ちゃんのために栄養をしっかりと摂らないと・・と思っていました。でも、産科の先生に聞いたところ、「食べたいものを食べたい時に食べられるだけ」が一番良いようです。

また、一気に食べられなくても、チョコチョコ食べでも良いようです。人それぞれ、食べたいものや食べられるものは違いますよね。今まで大好きだった食べ物が食べたくなくなる・・なんて事もよくあります。

チョコレートが嫌いになった

反対に、絶対に食べたことの無かった食べ物が急に食べたくなることもあるんです。チョコレート大好き人間だった私は、つわりの間中、チョコレートを見るのも嫌になりました。(出産後は大好きにもどりましたが・・)

その代わり、大嫌いだった果物が異常に欲しくなり、欠かさず食べるようになりました。おかしなものですね。空腹によって、つわりがよりひどくなる事もあります。そんな時は、食事を小分けにして摂取してくださいね。寝起きの空腹で吐き気が来るという場合は、朝起きてすぐにつまめるものを身近に用意しておくと便利です。

つわりが始まる妊娠初期は、まだ赤ちゃんへの栄養などを気にしなくても良いのです。食べられるものを頑張って食べるようにし、体力を失わないようにしてくださいね。お腹の中で赤ちゃんを育てるにはまず、母体の体力です。一番辛い時期は、体力温存を心がけてくださいね。

つわりの辛さを我慢しない

また、この時期は家族や旦那様に甘える時期でもあると思います。調理の匂いが辛いのであれば、惣菜を購入したり、デリバリーを頼んだり・・、また、たまには外食というのも、気分転換にもなって良いのではないでしょうか。

ただ、外出先で空腹で気持ち悪くなったりしないように、飴やチョコレート、昆布など、自分の好みの軽食をを持ち歩くと良いですよ。食べたく無い・・を「これなら食べられる」に少しずつでも変えて行くのがつわりの乗り切り方かもしれません。 つわりの辛さに苦しむのは自分ですが、その負担を軽減出来る協力は家族にしてもらえれば大きな助けになるのではないでしょうか。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ