Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

いつから始めれば良い?中学受験、これだけは押さえておきたい準備

自分で学ぶサイクル小学校、中学校と上がるにつれて受験のレベルも上がってきます。受験準備という言葉が気になりますよね。まず最初に「準備開始時期」が問題になりますよね。一般的には、4年生ぐらいから中学受験の準備を始める家庭が多いそうです。

また塾によっては、3年生から始めなければ遅いというところもあるぐらいです。そんな早い時期から本当に必要なのか?と思われる方も多いと思いますが、その大きな理由の一つにゆとり教育の導入による学習内容の削減、学力低下があります。

早い段階から始めればそれだけ余裕を持って準備もできますから、志望校の選択肢が広がりますし、子どものストレスも軽減できるのでしょう。

確かにそれは正しい判断でもありますが、あまり早く前倒しにしてしまうと、子ども自身の気持ちがついていけなくなる事も多いのです。

子どもの気持ちが固まった時点、子どもによっては、5年生から準備を始めても合格する事ができますから、その子の学力に合わせて準備を始めるようにして下さいね。

次に「学習の進め方」です。 一般的に中学受験の準備を開始する4年生ぐらいまでには、今までの学習内容がしっかり定着している事を心がけて下さい。この時期には「読み取る力」や「解く力」をしっかりと身に付けておくようにしてください。問題の意図する内容をどれだけ的確にとらえる事が出来るかの訓練が大切です。

そして5年生からは受験に向けての本格的な学習を始めるようにして下さい。 実際に出題された問題、いわゆる過去問や、その学校の傾向に合わせた問題など、本屋さんでも売り出されていますので、これを利用して、繰り返し学習を行って下さい。そして5年生の半ば以降は、中学受験者を対象にした模擬テストを受け本番に備えて下さいね。

現在の学力レベルを全国範囲で確認する為もありますが、中学受験の雰囲気に慣れさせる意味もあります。中学受験を始める時期の子さん達は、遊びたい盛りでもあります。勉強に気が向かない日、嫌になってしまう日もあると思います。受験準備がストレスにならないように、気分転換を取り入れ、ゆとりを持って進めるようにして下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ