Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中学受験にいくら必要?入学にかかる金額とその内訳

受験事情は本当に大変受験準備の費用もかかりますが、入学にかかる費用や在学中の費用の確認もチェックもしておかなければならない大切な項目です。無事、受験を終え、入学となりますが、中学校への入学ではどのようなお金が必要になるのでしょうか。

まずは「入学金」です。これは学費とは別の費用なんです。特に、私立中学校では必ず必要になりますよ。金額は各学校によって大きく異なっています。

安い(?)ところでは20万(!)前後、高いところでは100万円(!!)近い金額になることもあるようです。ご家庭の負担がそれによって大きく異なりますからしっかりと調べておいて下さいね。

以前は、支払い期限が短く、また、一度納金すると返金不可となっていましたが、最近では、他校の掛け持ち受験を考慮して延納制度を採用している学校が増えてきています。(ありがたいですよね・・)

これは入学手続き金として一部を納め、入学が確定した時点で残金を納めるというものです。また、入学辞退の場合にも返金を行う学校もあるようですよ。 併願で受験を考えている方は、納入方法と返金制度については必ず事前にチェックしておえて下さいね。一度に負担する一番大きな費用です。早めに計画し、準備しておくことが必要です。

2つ目は「施設費」「設備費」です。これも私立校では必ず必要になる費用です。最新の設備、整った環境を維持する為です。入学時だけでなく、毎年徴収されるもののようです。学校によって負担額、負担年数が異なっています。 最後に「初年度納入金」この費用のメインが「授業料」です。

それプラス教材費、給食費、後援会費、積立金などが含まれています。初年度=入学時という意味ではなく、2年生の始めでも初年度納入金は必要になります。初年度納入金の詳細は、中学受験の募集要項に記載されていますし、学校によって項目が違っていたり、名称が異なっている事がありますから、必ず確認して下さい。

お金の問題は、親御さんにとっては一番の気がかりかもしれません。先輩お母さん達からの情報など、情報収集を怠らず、しっかり準備して下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ