Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

周りの協力が何より大切!仕事中のつわり対策

つわり対策と対処法現在では臨月近くまで産休に入らず働いている女性も多くおられます。もちろん、妊娠していることが分かったからといってすぐに仕事を休んだり、辞めたりする必要もありません。

会社の多くは産休制度を取り入れていますから、休職と言う形で自宅療養する事も可能です。それに、安定期を過ぎると気分転換も兼ねて働きたい、外に出たい!という気持ちも強くなるようですね。

体の調子が安定している時にはそれでも良いのですが、つわりの真っ最中であれば職場は辛い場にもなります。つわりは病気ではないので、心身に負担がかかるようなことが無ければ、仕事を続けることに特に問題はないと思います。

ただ、立ち仕事や体を激しく動かすような仕事、また、車を長時間運転するような仕事は体に負担がかかることもあります。母体の健康を最優先に上司と相談し仕事内容などを変更してもらう事も必要だと思います。特に、つわりの症状で急激な眠気が襲ってくるような場合、長時間の車の運転は非常に危険です。

内勤などに変えてもらうようにしてくださいね。 また、妊娠初期ではお腹もさほど大きくならず見た目にも妊婦だとあまり気づいてもらえない事が多いです。周りの誤解を生じさせないためにも、また、職場の理解を得るためにも、妊娠していることを早目に上司や同僚に伝えるようにして下さいね。

妊娠中の体だから・・と色々と配慮してもらうことが大切です。 そして、仕事中に出来るつわり対策として、満員電車を避けるようにしてくださいね。普通の状態でも籠った空気に気持ちが悪くなる事があるぐらいです。満員電車は避けて少し早めの電車で座ってゆっくりと通勤したほうが体も楽だと思います。

また、つわりがひどい時には無理をせず、休憩を入れたり、外気を吸ったり、何かを口に入れたりして自分の出来るつわり対策を準備するようにしましょう。仕事からの帰宅後は、十分な休息を取る事が大事です。家事などは後回し!まずは自分の体を休め、ストレスを貯め込んでしまわ無いようにリラックスした時間を過ごすようにして下さいね。

仕事のストレス、家事のストレス、つわりのストレス・・、どれも赤ちゃんにとっては良いことではありませんよ。仕事中のつわりには、会社の理解と家族の協力がとても重要になってきます。自分の体調をしっかりと見極め、決して無理のない範囲で仕事をするようにして下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ