Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

生まれれば必ず楽になるつわりの苦しみ

体がだるい症状「妊娠と言ったらつわり」と言うほど、これは妊娠初期に多く見られる症状です。ただ、人それぞれつわりの時期や症状に個人差があり、安定期に入るまで症状が続く人、胸やけ程度のつわりの人、臨月まで嘔吐に苦しむ人、本当に人それぞれなのですね。

ここでは一般的に多いつわりについて紹介します。 吐き気・眠気・気持ち悪さ・胃が重い・食欲不振など様々な症状が見られることが特徴です。体質によって症状の軽い・重いはありますがほとんどの妊婦に何らかの形でみられます。

時々、つわりが全く無かったという方もおられますし、また、一人目と二人目では全くつわりの症状が違うという方もおられます。大概が安定期に入るころには落ち着き、症状が薄らいで行きます。 ただ、つわりの重い方もおられます。

そういった方は、全く食事が喉を通らず、点滴で栄養を補わなければならない事もあります。妊娠中は体が日々劇的に変化して行きます。様々な体調の変化の中、つわりはとても苦しくて辛いものですが、赤ちゃんを健やかに育む為の体の準備段階でもあるのですね。辛いつわり中でも、快適な妊娠生活を送ることが出来るように、つわり対策などの工夫をしてみて下さい。

よく酸っぱい物が欲しくなる・・と言われていますが、これも個人差がありますので、思いこまずに自分に合う快適さをみつけてください。妊娠することによって増加したホルモンの影響がつわりの原因だとされています。よく、つわりが始まるとにおいや吐き気に敏感になります。(私は香水の匂いがダメになりました)

これはたばこなどの有害なにおいや危険な食べ物から赤ちゃんを守る防御機能が自動的に働くからなんですね。自分で意識しなくても、母性が自然と赤ちゃんを守ろうとしているのですね。

通常のつわりであれば、自然に治まるのをまつので、病院に入院する必要もありません。でも、激しい嘔吐を繰り返し水分も口にすることが出来ないような状態であれば、すぐに産婦人科に相談するようにして下さい。

母体自体が持たなくなってしまいます。こういった時には、入院し、点滴栄養などで対応する事もあります。つわりは体が赤ちゃんを受け入れ始めているサインです。神経質にならず、情報に振り回されず、自分に余裕を持って過ごすようにして下さい。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ