Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

深い付き合いもしないけど、しておきたい引越しの挨拶

引越しのあいさつ引越しの様々な手続きと同様、「面倒くさい」と思われる物の一つに「ご近所への挨拶」があります。

最近ではだいぶすたれて来た習慣でもありますが、スムーズな近所付き合いを続ける上でも必要な「手続き」でもあります。(学生さんの下宿などではこういった挨拶をすることはあまりないようですね~。)

また、「引越しの挨拶」というと引越し後の新居で行う事のようなイメージがありますが、これは引っ越し前と引っ越し後の両方で行うのがマナーです。

旧居の方では「今までご近所付き合いをして頂いて・・」という気持ちで、新居では「これからご近所としてよろしくお願いし明日」という気持ちを持ってご挨拶に行きます。「ご挨拶だけ・・」と手ぶらで行かれる方も多いですが、粗品を持っていく方が感謝の気持ちが伝わり易いと思いますよ。

そして「いつまでに挨拶をしたほうがいいか・・」という時期ですが、旧居では引越しの2日前~当日、新居では引越しの2日前~翌日ぐらいが一般的なタイミングです。また、「何を言えば良いのか・・」と悩まれることもあるかと思います。旧居では「○日に引越すことになり、ご挨拶に伺いました。

今までお世話になりありがとうございました」、新居では、「今度○○に越してきました○○(名前)です。今日は引越しのご挨拶に伺いました。これからよろしくお願いします」といった内容が定番ですね。そして気になる「ご挨拶の範囲」ですが、どこまで挨拶すればいいのでしょうか。

アパートやマンションの場合は両隣、自分の部屋の上の階と下の階のそれぞれ1部屋が一般的です。何故、上下の階にも挨拶に行くかというと、下の階へは足音などで迷惑をかけてしまうことがありますし、上の階には、挨拶に行っておけば、足音など気を使ってもらえるという利点があります。

また、少々気が重くなりますが、社宅の場合は全部屋に回ったほうがいいですよ。社宅はご近所づきあい以上のお付き合いがありますので、ちょっとしたお土産を持参して挨拶周りをして下さいね。一般的な挨拶の品は500~1,000円くらいが妥当です。遠くから引っ越してきた場合には旧居のあった地方のお土産なども喜ばれますよ。

面倒くさい「ご挨拶周り」、でも、しっかりとやっておくと近所との関係がスムーズにスタートします。引越し準備の時から心づもりしておいて下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ