Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

バタバタして忘れがちな引越しの手続きベスト6

公共機関の引越し手続き「引越しの手続き」と聞くと、まず思い浮かべるのが「住民票」など市役所関係の手続き、次に子どもの転校手続き、そして電話、ガス、電気などの生活環境の手続き、最後に車や免許証の変更手続きではないでしょうか。

この手続きに加え、引越しの準備が同時進行で始まります。目が回るような忙しさが続きますね。その忙しさの中、何かと忘れがちな手続きというものがあります。それは郵便局の住所変更や購読している物の変更です。

具体例を挙げだすとキリがありませんが、大まかな「忘れやすい手続き」をご紹介しておきますね。

郵便局で行う転居届の手続き
転送料は無料なので、忘れずに申し込みを行っておいて下さい。最寄りの郵便局、またはインターネットで行うことができます。

新聞購読の住所変更手続き
配達業者に連絡、また、新住所でも購読を希望する場合は、引越し先で再度手続きが必要です。購読料の支払いもありますから、できるだけ早めに手続きをしておいて下さい。

携帯電話の住所変更手続き
インターネット上から住所変更の手続きができます。(最寄りのショップに行っても簡単ですよ)

クレジットカードの住所変更手続き
早い目に住所変更手続きを行わないと、請求書などが旧住所のほうに届いてしまうので注意して下さいね。

保険の住所変更手続き
生命保険や車の保険なども住所変更の手続きが必要になります。

通販、定期購入の住所変更手続き
・・細かくみればもっとあるかもしれませんが、何よりも郵便局での住所変更を優先させて下さいね。そうでないと、その他の手続きを忘れた場合でも、重要な書類が転送されず、問題が大きくなってしまう事もあります。必ず、住所変更は忘れず行うよう、引越しのスケジュールに書き込むようにして置いて下さい。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ