Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

不用品回収にお金はかかるの?急な引越し時のゴミ処分

格安の引越しサービス引越し=家の大整理でもあります。いよいよ引越しが近づいてきたら「引越し先に持って行く物、処分する物」の分類も始めて下さいね。実際に処分するのは最後の方であっても、分類だけは早めに済ましておいて下さい。

というのも、「ゴミを出せる日」は決められているからです。「燃えるごみ」・「燃えないゴミ」などは1週間に2回ほど回収してもらう事が出来ますが、「大型ゴミ」は市役所などの「大型ゴミ受付センター」などに連絡をして有料で引き取ってもらわなければなりません。

私の夫が学生時代、就職で引越すことになり下宿のゴミを一挙に引き取ってもらう事にした事がありました。

細かく分類しておけばもっと少なくて済んだものが「何もかもお願いします」と横着をした為、かなりの出費になってしまいました。(もちろん後で私に「だから言ったのに・・」とたっぷり嫌みを聞かされていましたよ!)

また、引越し業者に依頼し、引越しの際に家の中のゴミを全て引き取ってもらおう!と私の夫のように考えておられる方もおられるかもしれません。

でも、一般的な「家庭ゴミ」などは引き取ってもらえない可能性が高いですし、もし引き取ってもらうことができたとしても、こういった業者に依頼した場合のゴミの引き取り料金はとても高いんですよ。

量や種類によっても異なりますが、だいたい1万円以上の出費を覚悟しておいて下さいね。それでなくても「引越し貧乏」と言われるぐらい、何かと「物入り」になる引越しです。コマメに分類することで出来るだけ「無駄な出費」は抑えるようにして下さいね。

また、「お得に処分したい」という方であれば、「売る」という方法もあります。リサイクルショップなどでも良いですし、時間にある方ならオークションで「捨て値」で出品しても良いと思います。捨てる=0円ですが、売れる=収入となります。売れるものは売ったほうがいいのではないでしょうか。それに、自分では「こんなもの売れるわけがない・・」と思っていても、意外と売れる事もあります。

そして特に注意しなければならないのが、「家電リサイクル法の対象になっている家電」です。エアコン・ブラウン管式または液晶やプラズマ式のテレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機などが対象となります。当然これらは捨てることができませんから、専門業者に引き取ってもらわなければなりません。(有料です)

ゴミ出しだけでもかなり手間がかかりそうですね。引越し準備をする時にはこの「ゴミ出し」の事を念頭に置いておいて下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ