Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

普段使っていない筋肉を使って筋肉痛になってしまった

有酸素運動は最低30分
筋肉痛を起こしたとしても、数日過ぎると、いつの間にか回復しているものです。ですから、筋肉の痛みがあっても、それほど気にする人はいないでしょう。

ところが、数日後も痛みが続くということもあるので、注意が必要です。筋肉が疲れていたり、痛みを伴っている時は、回復期に入っているので、無理な運動をするのは、止めた方がいいでしょう。

特にダイエットで筋トレをしている場合は、引き続き同じような負荷を与えてしまうと、筋肉の回復を抑えてしまうことになります。筋肉痛の回復が長引く時は、そのままケアをしましょう。

特別な運動をしていなくても、普通に生活をしていれば、ある程度の筋肉疲労があるので、回復までに時間が、かかります。少しずつ、痛みがなくなるようなら、それほど気にする必要はありません。ところが、逆に、少しづつ筋肉の痛みが増すこともあります。

翌日の方が、筋肉の痛みを強く感じる時は、病院に行った方が安心です。普通、筋肉痛は、少しずつ回復するので、1日目をピークに、少しずつ解消されて行きます。痛みが増して行くのであれば、他に何か問題があるかも知れません。自己判断をして症状が悪化しないようにしましょう。

筋肉に違和感や痛みがなくても、塗り薬や貼り薬を使ってケアすれば、翌日からの痛みが軽減されることもあります。運動をした直後にアイシングをしておくと、クールダウンできるので、筋肉痛を予防することができます。運動をした日は、入浴して湯船にゆっくり浸かれば、筋肉を和らげる効果があります。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ