Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

あなたの体は大丈夫?筋肉痛は体の疲労や体力の限界を伝える危険信号

筋肉痛になる原因一般的に筋肉の痛みを感じたことがない人は、いないのではないでしょうか。ところが、筋肉の痛みを発症するメカニズムは、いまだに解明されていません。はっきりした原因はわかりませんが、筋肉だけでなく、周辺の細胞組織にも関連性があるようです。

まず、活発な運動をすると、筋肉が伸縮するので周辺組織も疲労を感じてしまいます。この症状が悪化すると細胞組織が裂傷することもあります。ですから、筋肉痛を感じるのは、筋肉や周辺組織の傷を回復させるための症状ではないかと言われています。

もう一つの理由は、乳酸の蓄積が原因です。長時間体を動かしたり、活発な運動をすると、体内にある乳酸が増加します。この物質は、疲労した部分に蓄積されるので、筋肉や周辺組織を取り巻く毛細血管を塞いでしまいます。

一時的に血流が悪化して、筋肉痛を発症するのではないかと言われています。どちらにしても、筋肉や周辺組織への刺激が強すぎたことが原因ですから、負担を軽くする必要があります。

長時間の運動や活発な活動が原因で発症した筋肉痛は、体の疲労や体力の限界を伝えるシグナルになっている場合があります。日頃から、ウォーミングアップをしたり、軽い運動を心がけておきましょう。日常の生活で、筋肉痛を感じないようにするには、筋肉に急激な負担をかけないようにすることが大切です。

疲労感や違和感を感じた時は、痛みを感じないうちに、早めの手当てをするようにしましょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ