Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

運動への効果は筋肉疲労ではない?大切なのは筋肉への適度な負荷と時間

筋肉痛の正しい予防どれくらいの運動量をこなせば、筋肉痛が起こるのでしょうか。ある程度、筋肉に疲労感や痛みがなければ、運動効果が上がらないという方がいますが、そういうわけではありません。

運動の効果は、筋肉への適宜な負荷と時間に関係があると言われています。同じ運動量をこなしても、筋肉痛が起こらない人もいれば、すぐに起こしてしまう人もいます。この違いはどこからくるのでしょうか。

翌日にすぐに筋肉痛を起こした場合、筋肉への負荷はそれほどでもないことが多いようです。ある程度の負荷をかけた運動をこなすと、筋肉の痛みは、数日経過してから起こることがあります。

ですから、運動をする時は、ある程度の負荷と時間を考えてみるといいでしょう。もちろんウオーミングアップをしてから運動を始めますが、最初から筋肉への負荷を多くするのではなく、時間を長くするように工夫しましょう。

慣れてきたら、筋肉への負荷を少しずつ増やしたり、運動する時間を長めに取って筋肉を鍛えるようにしましょう。急激に運動量を増やすと、体がついていけなくなるので、逆に筋肉や周囲の組織を損傷してしまうことがあります。

あまり無理な運動を長時間続けるのはやめましょう。健康増進のために運動をするのなら、なんと言っても楽しみながら行うことが大切です。筋肉への負荷を増やすよりも、運動をする時間を少しづつ長くする方が、体調管理につながります。特に高齢者の方は、過度に運動をこなそうとすると、筋肉への負荷だけでなく、体調を崩してしまうので注意しましょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ