Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

急な運動の後の筋肉の痛みを和らげる方法

運動不足解消トレーニング戸外活動をしたりスポーツを楽しんだ後に筋肉痛が起こってしまうことがあります。慌てて筋肉の消炎剤を塗布する方が多いのではないでしょうか。

筋肉の痛みは、数日間続くことがあるので、痛みがある時は、体を動かすのがおっくうになってしまいます。

毎日練習しているスポーツ選手は、筋肉痛にならないのでしょうか。レベルアップをするために練習するスポーツ選手が筋肉痛になっていては大変です。

どのようなスポーツでも、まずウオーミングアップが基本になります。スポーツを始めるために体を温めておけば、筋肉や周囲の組織に急激な刺激を与えなくて済みます。

ゆっくりジョッギングしたり、準備体操をしたりするのが一般的です。とにかく、筋肉痛を起こさないようにするには、スポーツを始める前のストレッチが大切です。手足の先から順に血流を改善する運動をしましょう。

リンパの流れも改善されるので、疲労感を与える乳酸が少なくなります。さらに、急激な運動を避けることで、心臓への負担を少なくすることができます。ウオーミングアップを行わずにスポーツを始めると、脈拍が上がって心臓に負担がかってしまいます。少しでも心臓への負担を軽減することが大切です。

スポーツを始める前に行うウオーミングアップは、軽いストレッチがおすすめです。手首や足首のストレッチも含めて10分間は、準備運動をした方がいいでしょう。あまり簡単に済ませてしまうと、体が温まらないので、筋肉の緩和にはなりません。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ