Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

毎日の入浴をより効果的に!筋肉の疲労や痛みのための入浴法

筋肉痛を和らげる方法お風呂に浸ると筋肉の疲れを取って、筋肉痛を予防することができます。入浴すると心身をリフレシュしてくれますが、戸外活動やスポーツをしたら、ゆっくり湯船に浸って筋肉の疲れを癒しましょう。

シャワーでも気分をリフレッシュしますが、湯船に浸った方が筋肉の疲れを癒す効果があります。できるだけゆっくりと、ぬる目の温度で入浴するのがポイントです。

筋肉を和らげて疲れや痛みを予防する効果があります。疲れが抜けないときは、冷水と温水のシャワーを併用する方法もあります。温水は40度前後、冷水は20度前後が最適です。冷水を浴びたら次は温水をあびるようにしましょう。

5回ほど繰り返したら、冷水を浴びて終わります。このようなシャワー法を取ると、冷水から温水への温度の変化で血流を良くし、筋肉痛の予防になります。また、冷水や温水を浴びる時は、手足から始めるようにしましょう。一気に浴びてしまうと、心臓に負担をかけてしまう恐れがあります。

さらに、シャワーの最後は冷水を浴びることが大切です。これは、筋肉をクールダウンするのが目的です。もう一度、ぬるいお湯に浸って筋肉の熱を冷ましてもいいでしょう。筋肉痛を予防するには、入浴するお湯の温度を体温より低くすることが大切です。

戸外活動をしたり、スポーツをした次の日に筋肉痛を起こしてしまったら、半身浴がおすすめです。ぬる目の温度で筋肉を温めましょう。既に筋肉の痛みがあるときは、冷やさないように注意する必要があります。

さらに、筋肉の痛みや疲労を翌日に持ち越さないようにするには、筋肉の緊張がとれ、血行がよい入浴後のタイミングで貼れば効果的です。今まで痛みがひどい時に湿布を貼っていましたが、実は、痛みが軽い時に貼った方が良かったんですね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ