Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

上がりすぎた筋肉の温度を下げるアイシング

筋肉の回復筋肉を冷やして筋肉の痛みや疲れを和らげることができます。スポーツをした後に氷を使って筋肉を冷やすと筋肉痛を予防することができると言われています。このように氷を使って冷やす方法をアイシングといいます。

スポーツをすると、体温が上昇して、疲労した筋肉が熱を蓄積します。損傷した筋肉はさらに熱を持ってしまうので、できるだけ早く冷やす必要があります。

スポーツをすると、筋肉を刺激してしまうので、ある程度の損傷があります。早めに熱を冷ませば、損傷を軽減することができるので、筋肉痛を予防することができます。

戸外活動を活発にしたり、日頃からスポーツを熱心にすると、筋肉に負荷をかけてしまうので、できるだけ筋肉の損傷を抑えることが大切です。そのためには、筋肉に熱が蓄積しないように心がけましょう。

氷を使って冷やすだけですから、手軽に行うことができます。ビニール袋に入れたアイスキューブをタオルに包んで用意しましょう。特に疲れを感じるところから先に、そのまま当てて冷やしましょう。

スポーツが終了していなくても、疲れや違和感がある時は、臨機応変に患部を冷やすようにしましょう。15分くらい冷やしてみて、疲れが取れていたら、大丈夫です。

まだ、熱っぽさや違和感がある時は、10分後にアイシングをした方が安心です。スポーツを終了した後に熱っぽさを感じるところがあれば、すぐに氷で冷やした方がいいでしょう。翌日に筋肉痛が起った時は、冷やさずに温めることが大切です。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ